ハァハァの原因。


昨夜はぐっすりでした。・・・母が。
(疲れてたのよー。風邪だったのよー)

あ、でもアルもハァハァはありませんでしたよ。(たぶん)


d0013149_23593920.jpg


夜中、1回目に母が目覚めた時はリビングで寝ていて
2回目に起きた時は、ちゃんと寝室で寝ていました。(^_^)v





それでハァハァの原因について、
当然ながらずーっと考えているんですけどね。
(今日はめっちゃ長文です)


皆さまからもコメント欄でいろいろアドバイスをいただきまして
その中に、「東洋医学で言うところののぼせではないか?」
というのがありまして。

ほほーぅ、なるほど、のぼせですね。
確かにハァハァと暑がっているようにも見えるし。

のぼせは辛いですもんね。
突然カーッと火照って、汗が噴き出してたりして。


d0013149_00170994.jpg


そうとも言うね。
母さんの更年期には、のぼせはなかったけどね。笑


で、「犬 のぼせ」で調べていましたら、
今度は獣医さんがお書きになったコラムを見つけました。

そこにはこう書いてあったんですよ。

「犬が暑がっているように見えても
実は下半身の冷えがのぼせにつながっていて
暑いつもりになっていることも多い」
と。

くぅー!なるほど、冷えか!!



d0013149_00255174.jpg


そう、冷えには腹巻がいいって書いてあったので
腹巻の代わりに母さんのネックウォーマーをつけてみました。
でも、ずれるのよね。(^_^;)

まあ、でも確かに(歳をとったらなおさら)
腰回りは冷やさない方がいいと思うんだ。人も犬も。

ここのところ朝晩は冷え込むから、
アルさん用腹巻をちゃんと買おうかしら。


・・・などと思っていたところに、今日さらに
いつも心配してくださるかたからコメントをいただきまして。

そして、あるブログを参考として教えていただいたのです。

そのブログの老犬ちゃんは、アルと同じ心臓の病気。


d0013149_00335881.jpg


そうです、心臓病としてはポピュラーな病気。

アルももうずっとお薬を飲んでいます。
この先、一生飲み続けなければならないでしょう。


それで、そのブログのワンちゃんもアルと同じように
夜中から明け方にかけてハァハァ苦しそうになるんだそうです。

でも昼間は元気。昼間寝ている時も、息が荒くはならない。


・・・アルと全く同じじゃないですかー!!


d0013149_00411880.jpg


そもそも、アルのハァハァは心臓が原因ではないと母が思ったのは
昼間はぜんぜん平気だったからです。

歩いても走っても寝ていても、苦しくなることはなかったので。

よく聞きますもんね、階段を上がると苦しそうになるとか
走っていて突然倒れたりする心臓病のワンちゃんの話を。


ただ、アルもブログのワンちゃんも、
ポイントは・・・「寝ている時」「夜間」にあったんです。



d0013149_01135752.jpg


そう。寝ている時の姿勢というのは、肺や気管が圧迫されるので
咳が出やすくなる、というのは以前Dr.Sに聞きました。

実際、アルは朝起きた直後に咳き込むことが
しばらく続いていました。(今は平気ですよ~)

心臓も同じこと。

寝ている姿勢だと心臓に負担がかかって、
呼吸が苦しくなったりするんだそうです。


でも・・・じゃあなぜ、同じ寝ている時でも
昼間は平気なのに、夜間や明け方だけ苦しくなるのか??


d0013149_01193645.jpg


その理由を、ブログ主さんが調べて
書いてくださってありました。

夜間は自律神経の働きで心拍数が減るので
心機能が落ちている子は呼吸困難を起こしやすい
、と。

なるほど、なるほどー!
すとん、と腑に落ちた感じがしました。


さらに母が調べたところでは、同じように自律神経の働きで
夜間は血圧が低下、呼吸数は減少、気道も狭くなるので
息切れを起こしやすくなる、と。

喘息の発作が夜間に出やすいのは、そのためだったんですね。

アルはもともと、気管支も弱い。

だから夜から明け方は、ハァハァ苦しくなるのかもしれない。


d0013149_01433869.jpg


そう、心臓、気管支、
それからストレスだって関係してるかもしれない。

ロイスが亡くなった晩や、ロッカが来た日の晩は
ハァハァがひどかったもんね。


とにかく、原因がそう(かもしれない)と見えてくれば、
まだまだできることはあるはず!

ということで、早速対策を練り始めた母なのでした。
つづくー。



ハァハァが少しでも良くなりますようにー!と
クリックで応援してくださると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ


よろしかったら、ついでにこちらも…
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

いつもありがとうございます♪(´∀`)

内緒のコメントはこちら→ 

Top▲ | by kuro_emon | 2018-10-05 23:59 | 病院・病気 | Comments(4)
Commented by めめ at 2018-10-06 08:07 x
勉強になります、くろわんこ日記✨
そう言えば シニアには腹巻つけてました。友人たちも。
冬はもちろんだけど 夏はエアコンで冷えるから。
小豆カイロも使ってましたよ😉
遠赤効果で優しく温めるんだって。
Commented by バニシエママ at 2018-10-06 08:54 x
なるほど、いろいろ突き詰めて考えると、そういう要因が重なって実は心臓、気管支の症状が出ているのかもしれない、ということですね。
どんな対策を練っていらっしゃるのでしょうか?
興味津々^^
続きを楽しみにしています。
Commented by kuro_emon at 2018-10-06 22:22
>めめさん
いえいえ、こちらこそいつも、めめさんブログで勉強させていただいてます!
やっぱり腹巻は必須なんですね。
そう、獣医さんのコラムでも「夏は冷房で冷えるから」と書いてありました。
なるほど~、小豆カイロですね!今度試してみようかな♪
別の獣医さんは「せんねん灸」を腹巻の上から貼る、とも・・・
それ、私が自分にやってみたいわ~笑
Commented by kuro_emon at 2018-10-06 22:22
>バニシエママさん
そうなんです、断定はできませんけど、そうかもしれないな~と。
お勤め先の患者さんにも、いらっしゃいませんか?
心臓がお悪くて、夜に苦しくなるかたって。
いや、そんな、興味津々とされるほどの対策では・・・(^_^;)
でも思いつくことは、すべてやってあげたいと思うのです。
可愛いアルのために。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< アンチノール・デビュー | ページトップ | みんな抱っこ。 >>
"Holiday Woods" Skin
by Animal Skin