老犬と子犬。



昨日、「14歳の歳の差カップル」なんて
口走ってしまったので(笑)今日はその話でも。



d0013149_23314860.jpg


普通はこんな歳の差で子犬を迎えるなんて
ありえないですよねぇ。

推奨されない例だと思います。


でも結果として、
アルとロッカはとてもうまくやっています。

その理由を考えて、まとめてみました。
(誰かの何かの参考になればと思って)





ロイスがいなくなって、ソフィーまでも逝ってしまい
最年長のアルだけ残されてしまった時・・・


d0013149_23415801.jpg


悲しさと寂しさに耐えかねて
新しい子をお迎えしようかと悩んだ際に
もちろんアルのことを考えなかったわけではありません。

いっぱい考えました。


ひとりになってしまった当初のアルは
ただ寝て食べるだけの生活になっていました。

これではいけない。

刺激がなくなってしまったら、
老いがどんどん加速してしまうのではないか。


そしてまた、どうせ新しい子をお迎えするなら
アルがもっと歳をとって介護生活になってしまう前に
した方がいいのではないか。


d0013149_23540748.jpg


そしてアルの性格として。

犬に興味はないけれど敵意もない。
攻撃性は皆無の穏やかな子。

自分が自分が、と我を張るタイプではないけれど
それなりの自己主張はきちんとできる。

何より、1歳になる前からずっと
多頭飼いの生活をしてきたから慣れているし
自分が家族に愛されているという絶対的な自信もある。


・・・これなら大丈夫、と思いました。
(アル自身が弟妹を望んでいるかどうかは別として。笑)



d0013149_00102480.jpg


次に、お迎えするべき子の性格として。

あまり活発すぎて気の強い子だと
アルが負けてしまう。

あまり月齢の小さすぎる、わけわからん子犬ちゃんでも
きっとアルのペースお構いなしに絡んでくるので
老犬アルのストレスが溜まってしまう。


だから生後6カ月で、たくさんの犬たちの中で育った
穏やか(そう)なロッカは最適だったわけです。


d0013149_00375442.jpg


ほんとに良い子だったよねぇ。

アルのことは大好きだけど、
無理に絡んでくることはしないし。

若さゆえの活発さはあっても
基本はアルと同じ穏やかな性格だし。


結果、わずか1週間ほどでアルもロッカを認めました。


d0013149_00483367.jpg


ソフィーがそばに来るのをあれほど嫌がったアルが
ロッカとはすぐにこんなふうな関係になれたのです。

本当に、相性が良かったとしか言いようがありません。


ま、ここまでうまくいったのは運もありますけどね。

こればっかりは、一緒に暮らしてみないと
わからない部分もたくさんありますものね。(^_^;)



d0013149_01060789.jpg


がまんしてくれてると思います。
ストレスが全くないと言ったら嘘になると思います。

でも、ひとりきりになってしまった時よりは
確実にアルも生き生きとしてきました。

ロッカのおかげです。



d0013149_22325588.jpg


特別仲良しでなくてもいいよ。

今のままで十分だから、楽しくやっていこうねー!



さて。

d0013149_01231728.jpg


はてさて、無事に抜糸となって
このドーナツカラー姿も見納めになるかどうか・・・




抜糸できますように~!と
クリックで応援してくださると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ


よろしかったら、ついでにこちらも…
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

いつもありがとうございます♪(´∀`)

内緒のコメントはこちら→ 

Commented by うてめい at 2018-05-16 17:47 x
こんにちは。今頃ロッカちゃん、抜糸も終わって、可愛らしいドーナツカラーも見納めですかね。

ドーナツカラー似合ってたのに。でも、ロッカちゃんは、やはり無い方が動きやすかったりするのかしら?また元気になったら、一緒に遊びましょうね。ティルもこの間会った時より、きっと男前になってると思います(多分…😅💦)。
Commented by シェルティ&スピッツ at 2018-05-16 19:13 x
ロッカちゃん、今ごろは抜糸が終わってすっきりサッパリしているころでしょうか?(^_-)-☆

年齢差・・確かに考慮は必要だと思いますが、やっぱり最終的には相性だと思います!
また、くろ母さんが賢明な選択をされた通り、パピー怪獣真っ盛りな時期では無く6か月のロッカちゃんを迎えられたのが良かったんですよね♪
そしてまたロッカちゃんが落ち着いた良い子というのがホントに素晴らしいです♡(*^_^*)

もちろんアルくんは、年の功でいろいろロッカちゃんに配慮しているとは思います!

そうそう、今さらなんですがパピヨンって犬種約300中8位っていう記事がありました!
だからアルくんはメッチャ賢いんですね♡ヽ(^o^)丿
ちなみにウチの新メンバー・ラムは全然賢そうに見えないのですが(笑)(^_^;)

何だかんだ言いながら、それぞれのおウチに迎えられるのは運命というかご縁なのかなぁ・・とも思います!
アルくんとロッカちゃんは仲の良い年の差兄妹になる運命だったんですね♡(^^)/
Commented by バニシエママ at 2018-05-16 19:38 x
無事抜糸は済んだでしょうか?
このドーナツ型の枕…あ、違った、エリカラ?他の犬にも優しくていいですね。
確か、ロイス君の時はプラスティックのエリカラを振り回してほかの子たちが遠巻きにしていたような記憶が…^^;
ロッカちゃんは、くろわん家に来るべくして来た子ですね。
みんなが幸せになった気がします。
ご家族の皆様も、アルさんも、ロッカちゃんも。
あとは、車酔いを克服するだけだ~!
(それが難しいって?^^;)
Commented by kuro_emon at 2018-05-16 23:12
>うてめいさん
ありがとうございます、でも、それが・・・
まだドーナツカラー姿はお楽しみいただくことになりました~(^_^;)
そりゃもちろん、ロッカにとってはこんなカラー、早く取りたいところなんですけどね。ここ数日の暑さで、だいぶ蒸れて不快そうでしたし。
ふふ♪男前になったティル君と早くまた遊んでいただきたいです。
楽しみにしています!(*^^*)
Commented by kuro_emon at 2018-05-16 23:12
>シェルティ&スピッツさん
ありがとうございます、半分以上はすっきりしたんですが・・・笑
あと数日はこのままの姿になりました~(^_^;)

そうですよね、相性ってほんとに大切だと思います。
ま、温厚なアルなので、相性の悪いソフィーとも表立ったケンカはせずに暮らしていたんですけどね。笑
でもおっしゃるとおり私も、どんな形でお迎えしたとしても、最終的にはその子が「うちの子」になるのは運命(というか神さまが決められたこと)だと思います!だからきっと大丈夫、って。

えー!パピヨンて8位なんですか?!
思わず検索してみちゃいました。笑
たしかにアルは賢いんですが、ソフィーはなぁ・・・(^_^;)
ちょっと・・・いや、かなりのおバカちゃんでした。
そして賢いアルは、他のコイケルちゃんたちと同じ程度の知能に感じました。コイケルも賢いんですよ。
ただし、ロイスは・・・やっぱりちょっとおバカちゃんでしたが。苦笑
そこがまた可愛かったんですけどね(^_^;)
Commented by kuro_emon at 2018-05-16 23:13
>バニシエママさん
ありがとうございます、抜糸は済んだような済んでいないような~(^_^;)
ああ、そうでしたね。晩年のロイスはカラー生活にも慣れて、エリマキトカゲのようにカラーをブンブン振り回していましたねぇ。カラーもデカいから、アルたちがビビって遠巻きにしてました。笑
そんなロイスも、1歳になる前の去勢手術の時はめっちゃカラーに凹みまくって・・・仕方なく、一晩で取ったんですよ。(-m-)
幸い傷口を舐めなかったので、先生には内緒でそのまま過ごしました。
はい、ロッカはほんとに神さまが我が家にくださった、最高の子です!
車酔い?あはは、抜糸が済んだらまた特訓しなくては~!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by kuro_emon | 2018-05-15 23:59 | 日常 | Comments(6)