週末・車酔い克服作戦@土曜日編



この週末も、夫婦と2ワンの
「ロッカ車酔い克服作戦」は続きました。



d0013149_23440342.jpg


10分の壁は越えた!・・・と思う、たぶん。

なので少し距離を延ばして、片道30分ほどの大庭城址公園へ。





・・・行ったのですが、駐車場が満杯~。(>_<)

仕方ない、すぐ近くの引地川親水公園へ変更です。

おばあちゃんたちと桜のお花見に行った場所ですね。



d0013149_23440907.jpg


桜はとっくに散っていたので、公園はガラガラ。

でも、春の小川は~♪と歌いたくなるような
のどかな景色ですね。



桜並木は川の両岸に800mほど続いています。


d0013149_23441431.jpg


犬連れでの~んびりお散歩するには
ちょうどいい距離です。

いつもは歩けないおばあちゃんが一緒なので
向こうの端までは歩いたことなかったのですが・・・

今日は健脚夫婦2人なので、いざチャレンジ!



d0013149_23442249.jpg


フレキシリードを存分に有効活用するアルロッカ兄妹。

3ワン時代はフレキシリードなんて使えなかったもんなぁ。
(理由・ロイスがぶっちぎりそうで危なかったから)



桜並木の横には、青々した草地が広がっています。

アルとお父さんのステキ・ツーショット♪



d0013149_00063107.jpg


・・・に見えますが、
実はロッカのウンPを拾っているところです。笑
(言わなきゃわかんないのに)

ロッカ、外ではほとんど大も小もしないのですが
たまにしちゃうんですよね。




足元は、散った桜の花びらがいっぱい。

d0013149_23445428.jpg




なので、毛足の長いアルさんのお尻や足にくっ付いて
こうなります。


d0013149_23452323.jpg


これは控えめに写ってます。笑

あまりにひどいので、今日シャンプーした時に
お尻やら足周りやらの毛をカットしました。バリカンで。

ロッカはモフモフだけど毛足はそれほど長くないので
あんまり付かないんですよねー。

1番付いたのは、足の毛がプレスリーみたいなロイスだったな…




親水公園ていうくらいなので川も流れています。

川には水鳥(オオバン?)やら、たくさんの大きな鯉やらが。



d0013149_23455320.jpg





そして、それらを眺める犬とか。


d0013149_23462493.jpg




そうこうしているうちに、並木の端っこの
橋まで(ダジャレじゃなくってよ)到着しました。

橋を渡って、今度は反対岸の並木を折り返し~。



途中で、お決まりの記念撮影を。


d0013149_23465386.jpg


フレキシリードの持ち手が怖いロッカのために
この時だけ普通のリードに付け替え。

ちゃんと「マテ」もできて
「大変よくできました」の写真が撮れました。

すごいです。ソフィーよりも断然習得が早いです。笑




そしてお待ちかねの・・・おやつターイム!



d0013149_23472341.jpg


そうなんですけどね。

あんなにロイスが好きだった0脂ボーを、
どうもロッカは特別好きでもないという事実が・・・!

いや、食べることは食べるんですが
それほど執着しないっていうか。いろいろですねぇ。



アルさんは、おやつならなんでも大好き♪


d0013149_23475365.jpg


この顔・・・外の方が断然いい笑顔になりますね!



一方、ロッカは。



d0013149_23482338.jpg


うそです。笑

一応口に入れてモグモグしているところの写真です。

これ1枚しか写真がなくてごめんよ~。(^_^;)




そんなロッカもお散歩の間は終始いい笑顔♪
(全部おんなじ顔とも言う)


d0013149_23485393.jpg



帰りの車中ではちょっと危ない場面もあったけど
持ち直して酔わずに帰宅したのでした。

克服作戦、まずは大成功!(^_^)v




おまけ。余裕のアルさん。



d0013149_00414465.jpg


アルだけだと、撮るのもほんとに楽チンなんだけどなぁ。







車酔い克服にがんばるロッカを
クリックで応援してくださると嬉しいでーす!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ


よろしかったら、ついでにこちらも…
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

いつもありがとうございます♪(´∀`)

内緒のコメントはこちら→ 

by kuro_emon | 2018-04-08 23:59 | お出かけ | Comments(4)

Commented by シェルティ&スピッツ at 2018-04-09 16:09 x
はじめまして!スピッツブログ村で拝見してコメント欄にお邪魔しました<(_ _)>

アルティくんとロッカちゃんの可愛さに魅かれ、読んでいくうちにロイスくんとソフィアちゃんのことが気になり、過去に遡って拝見させて頂きました。
数ヶ月の間に2人送り出されて・・お辛かったですね・・(;_:)
すごく綺麗な子たちでしたね!

私も3年前に15歳半の子を見送り、ほんの2週間後に12歳半の子を・・そして今年の2月に初めて介護らしい介護をして14歳半の子を送りました(みんなシェルティ♀です)
その頃のことと重ねあわせて読んで、涙が溢れました。

そしてママさん始めご家族皆さんが精いっぱい愛されていたことがよくわかります。
ご家族の愛情に包まれて幸せな犬生を全うされたのだと思います。

ロッカちゃんも6か月で迎えられて本当に良かったですね♪(*^_^*)
ウチもスピッツのルルの方はペットショップの売れ残り犬で、どう見ても衰弱していて見ていられずの迎えた子です。
案の定、ケンネルコフに始まりコクジウムやら肺炎やら・・今でも3㌔台のチビスピになってしまいました。

私も、こんなショップに利することは・・という葛藤はありましたが、目の前の消えかかっている命を見捨てることはできなかったのです。
そして、ママさんが仰るように一度迎えたら最後まで責任と愛情を持って育てることが一番大切なことだと私も思います。

たまたま私も現在1人保護犬を迎えていますが、先住犬たちとうまくやっていけそうな子、そして犬種の好みが合っていたからだけなんです。
だから純粋な愛護精神では無いのかもと自覚しています。それでも迎えてお互い幸せになれればいいのでは?と思っています。

余談ですが、どうも世間ではシリアスブリーダーと悪徳パピーミルと混同されている気がします。
ちゃんとしたブリーダーがいなかったら、あっという間にMIXだらけで純血種はいなくなってしまいますよね。

実は、ウチはもしもう1人お迎えするならある程度ちゃんとしたブリーダーの繁殖引退犬のパピヨンかポメを考えています。こちらのブログを拝見して「やっぱりパピヨン可愛いかも♡」に傾いています(笑)

すみません、初コメントなのに長々と大変失礼いたしました<(_ _)>
ロッカちゃん、その調子で車酔いが克服できますように♪ヽ(^o^)丿
Commented by kuro_emon at 2018-04-09 20:00
>シェルティ&スピッツさん
はじめまして、このブログの管理人くろ母と申します。
コメントありがとうございます。とっても嬉しかったです!
お書きになってくださった内容が全くもって同感のことばかりで、我が意を得たり!と、いちいち深く頷いてしまいました。笑

シリアスブリーダーと悪徳パピーミルのお話も、おっしゃるとおりです。私はコイケルという犬種を愛してやまないのですが、コイケルのような希少犬種は、熱意と愛情をもってブリードするブリーダーさんと愛好家が飼育してこなかったならば、あっという間に絶滅していたことでしょう。だからそういうブリーダーさんたちも含めて「繁殖屋」などとひとくくりにされることには、強い違和感と抵抗がありました。そのことも前のコメントで書こうかと思ったのですが、もういいや、めんどくさい、って思って。(^_^;)

ルルちゃんも売れ残りちゃんだったのですね。
でもママさんのおうちの子になれて、どんなに幸せになれたことか!
ショップに利することは・・・という葛藤のお気持ちも、よくわかります。私もペットショップの陳列販売には賛成いたしかねるのですが、それでもルルちゃんのような子が目の前に現れたら、やはり同じようにしていたかもしれません。それでは根本的な解決にはならない、と反対派の人たちに言われるかもしれませんが、目の前の子を見捨てることはできませんよね。だからたとえペットショップからの購入でも、それでその子が幸せになれるなら、それでいいと私も思います。ママさんは立派だと思います。

ブログも拝見しました。ルルちゃん、モコちゃん、リアちゃん、みんななんて可愛らしくて幸せそうな笑顔なんでしょう~♪とっても大切にしてもらって、幸せだということがよーくわかりました。(*^^*)
私、シェルティちゃんもポメちゃんも(もちろんスピッツも)大好きなんです。ママさんとは、なんだか犬種の好みも(もしかしたら年代も)同じかも?
これからも仲良くしていただけると嬉しいです♪

最後になってしまいましたが、なんと2週間の間に二人の子を亡くされたとは・・・どんなに深くて辛いお悲しみだったことでしょう・・・
ロイスとソフィーの生きた証も、遡ってまで読んでくださって嬉しいです。温かいお言葉、心に沁みました。ありがとうございました。
Commented by シェルティ&スピッツ at 2018-04-09 22:14 x
くろ母さん様、私の長々としたコメントに早々のお返事を頂きましてありがとうございます<(_ _)>
とっても嬉しく拝見しました。

はい、私も何となく考え方や犬種の好みが似ているかも?って感じていました♪ヽ(^o^)丿
あ、年代はどうなんでしょ?くろ母さんの方が絶対お若いと思いますよ!(*^_^*)
私はそろそろ赤いちゃんちゃんこ(笑)がチラホラ見えてきました(^_^;)

ロイスくんの“コイケルホンディエ”という犬種は知っていたのですが、実際には会ったことがなくて・・
毛並みの美しさと温厚な性格がシェルティと通じるものがあり、憧れます~♡

スピッツも一時期激減して、熱心な愛好家とブリーダーさんによって性格も改良されて現在に至っています。
コイケルはもっと少ないので、本当にすぐに日本にいなくなってしまっていたかもしれませんよね!

そして私はやっぱり、いっぱい抜け毛があってもモフモフした長毛種で白とか茶系の子が好みなのですが、くろ母さんもきっと同じでは?と勝手に思って嬉しくなっています♪

こうした犬ブログも続けているといろいろありますが、純粋にわが子の記録として、そして同じような価値観をわかりあえる人と交流できる場として続けていければいいのかなって私は思っています。

これからもこっそり(笑)楽しみに拝読させて頂きますね♪(^_-)-☆
こちらこそどうぞ宜しくお願いいたします<(_ _)>
Commented by kuro_emon at 2018-04-10 01:25
>シェルティ&スピッツさん
またまたご丁寧なコメントありがとうございます!
わぁ、嬉しい♪やっぱり考え方とか似ています?
年代もきっと同じですよ~。あ、こんなところでなんですが、息子さんのご結婚おめでとうございます♪うちにも、とっくに結婚していてもおかしくない息子と娘がいるんです。だからきっと同年代だと思います。笑

そうでしたか、コイケルをご存知とは!
なかなかそういう方はいらっしゃらないんですよ~。
あ、でもシェルティちゃんは温厚だと思いますが、コイケルはどうだか・・・(^_^;)
うちのロイスは、家族にはものすごく忠実なんですが、他所様の犬がダメで・・・ドン臭くてビビリのくせに、ガウガウ犬だったんです(汗) きっとシェルティ飼いの方が見たら、「なにこの凶暴な犬は?!」って思われたかもしれません。

スピッツも、私が子どもの頃とはほんとに違って、改良されていますね。ロッカも今のところは無駄吠えなしで、おっとりした良い子です。まだ猫をかぶっているのかもしれませんが。笑 何より、このモフモフ感の虜になっております~♪
シェルティちゃんもモフモフですよね!シェルティは1度は飼ってみたかったんですが、憧れのまま終わりそうです。。。

そうですね、ブログを長く続けていると数年に1度くらいはネガコメが来ます。でも愛する我が子の記録として、これからも続けていきたいと思っています。
ママさんのような優しい方とお知り合いになれるのも、ブログのおかげですもの。こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード

<< ソフィー3回目の月命日 売れ残りちゃん。その2 >>