4回目の月命日・・・なのに。



師走の朝。

ベッドでまどろむ母の耳に、心地よく響いてくる
キュルルルルルル
というアルのお腹の音・・・


え?・・・心地よくない!これ、マズイ音!(゚Д゚;)




d0013149_22574414.jpg


慌てて飛び起きてみれば、ピアノ室の床がまたしても
目を覆うような惨状に。(大げさ)

しかも、悲劇はこれだけでは済まなかったのです。





d0013149_23064743.jpg


なんと、直後にソフィーまでもが下痢!

ってゆーか、なんですか?このピンク色した大量の粘液は。


血じゃないですかっ!


あわわ、もう恥ずかしいのなんの言ってられません。
助けて、Dr.S!です。


d0013149_23133923.jpg


ということで、師走のこの忙しい午前中に行ってきました。

二人そろって便検査と血液検査、
(血液検査はしばらくしてなかったので)
そしてソフィーは久しぶりにエコーも。


結果は、便検査、エコーは異常なし。
血液検査は、いつものようにアルがALPが高めで
ソフィーは低アルブミン、ということ以外はほぼ異常なし。


d0013149_23273057.jpg


そうはいきませんよ、これも安心料、ってゆーか
アルはともかくソフィーは治療が必要なレベルだから!


先生のお診たてでは、クリスマスでいろいろ食べすぎたか、
昨夜食べさせた高栄養食の缶詰が合わなかったか、
はたまたウィルス性の胃腸炎がソフィーからアルにうつったか。

母は3番だと思います。(番号ついてないから)


とにかく、ソフィーには抗生剤と整腸剤(と胃薬)
アルには整腸剤が処方されました。



d0013149_23453416.jpg


おとといの安心料とは桁が違いますから。

受付のお姉さんが、
「え?これ合ってるかしら?合ってますよねぇ?」
と自問しながら電卓叩き直したくらいの金額ですから。(-_-;)



ま、それでも二人とも元気・食欲はバッチリで
ソフィーはついに今日から
カリカリフードも食べてくれるようになりました。



d0013149_23533318.jpg


そんなこんなで午前中はつぶれ、午後からも買い出しに行ったり
自分の病院に薬もらいに行ったりと、大忙しの1日。

さすが、先生も走る師走ですね。


だから今日は、しんみりしてる暇もなかったのです。


ロイスの、4回目の月命日だというのに・・・。



d0013149_23582970.jpg


忘れるわけないじゃないの。

1日たりともロイスのことを想わない日はないよ。


今日もちゃんとブルーボーンさんの御馳走を
買ってきてあげようと思ってたんだけどね、
お店が休みだったのー!(T∇T)

ま、どうせ下痢ッピの子たちは食べられないしね。


だから今日は、ロイスの好きだった
豚ヒレ肉を茹でたよ。これで我慢してね。



d0013149_00041279.jpg




あとは、いつものようにお花も買ってきて。


d0013149_00042931.jpg



バタバタの1日で泣いてる暇もないかと思ったけれど
ちゃんと一人の時に涙は出てきましたから。


ずっとずっと想い続けていくよ。可愛いロイス。



d0013149_00123231.jpg



来月の月命日は御馳走にしよう。d(^-^)ネ!





天国在住4カ月が経ってしまったロイスのために
今日もクリックをお願いしまーす!
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ



よろしかったら、ついでにこちらも…
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

いつもありがとうございます♪(´∀`)



  内緒のコメントはこちら→ 

第二回プラチナブロガーコンテスト
 動物・ペット部門に応募します。

by kuro_emon | 2017-12-27 23:59 | ロイスとソフィーの思い出 | Comments(2)

Commented by バニシエママ at 2017-12-28 03:01 x
二人とも、大変でしたね。
そしてそれを掃除するくろ母さんも…^^;
早く良くなってほしいですね。
4回目の月命日ですか…。
早いような、とっても遅いような…。
思い出って、時間がたって色あせるって言いますけど、多分くろ母さんがそうであるように、私はちっともそんな気がしません。
もう一度会いたい気持ちがつのるばかりです。
今まで見送ってきた子たちや、もちろん、ロイス君にも。
忘れられたら楽なのかもしれませんが、忘れたくないと思います。
Commented by kuro_emon at 2017-12-28 12:09
>バニシエママさん
そうですね、早いような遅いような・・・(ノ_・。)
そうでしたか、ママさんの思い出はまだ色鮮やかなのですね。
私が以前亡くした子たちは、もう何十年も経ってしまったのでさすがに思い出も色褪せてきて・・・
ロイスもそうなってしまうのかな、と思うと、今はそれがすごく怖くて悲しいのです。
ずっとずっと忘れないでいたいな。ロイスの表情も、仕草も、息遣いも。。。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。