カテゴリ:まじめな話( 13 )

追記

昨日の記事に対して、コメント及び賛同の拍手をしてくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

この問題は、非常にデリケートな話題だと思います。
なぜなら、みな犬飼いであるがゆえに、周りの友人・知人に
すでに交配・出産させた方たちがいらっしゃるケースも多いからです。

ですから、母もあれを書くかどうかとても迷いました。勇気がいりました。
あの記事を読むことによって、不快に感じる方もきっといらっしゃると思ったからです。
(不愉快になった方は、本当にごめんなさい)

d0013149_11535310.jpg

ただ・・・分かっていただきたいのは、
素人繁殖を批判するためにあの記事を書いたのではないということです。


実際、素人でもきちんとしたブリーディングをなさっている方を知っています。
逆にブリーダーとはいえ、
ヒートのたびごとに出産させるような、犬を出産マシーンとしか考えていない人、
『この親犬が産んでいるの?』と目を疑うような
とてもスタンダードを守っているとは思えないブリーディングを繰り返している人もいます。
血統書の偽造などは言うに及ばずです。


母の言いたかったことは、昨日の最後の段落に集約されています。


いわば人間の勝手で産まされる犬たちが、
せめて健康で生まれ、幸せな生涯を全うしてほしい。

もしもこれから繁殖を考えている人がいたら、
ちょっと立ち止まって、もう一度熟考してほしい。



それだけです。


この話題に関しては書けば書くほど長くなりますので、
・・・もうこのへんで切り上げますね。^^;

このブログはご存知のようにお気楽ブログですので、
こんなまじめな話題はたぶん年に数回あるかないかでしょう。
・・・早く次の日記を書いて、この記事も下に下げるようにしまーす!

by kuro_emon | 2006-07-13 12:02 | まじめな話 | Comments(8)

ちょっとまじめな話。

ああ、まただ。。。

母にとっては休日の今日、朝からのんびりとネット徘徊しておりましたら、
久しぶりに立ち寄ったブログで、どんより重くなってしまうような記事を目にしてしまいました。

d0013149_2161342.jpg

ここ最近、ずっと書こうか書くまいか悩んでいたのですが、
やっぱり書かせてください。
(まじめな話ですし、長くなるので、読みたくない方はスルーしてくださいね)


今朝、読んだブログの内容というのは、こうです。

続きを読む

by kuro_emon | 2006-07-12 21:29 | まじめな話 | Comments(6)

夏草の思い出


朝 家の前で迷い犬を見た。
雨に打たれ 足早に通り過ぎる 年老いたビーグル。

「おまえ どこの子?」
声をかけたけれど ちらりとも見ないで行ってしまった。
自分の行き場所が わかっているかのように。

d0013149_1021198.jpg

あの子は 無事にお家に帰り着いただろうか。

そして思い出してしまった もう一人の「あの子」。
迷い犬だった「あの子」。 我が家の2代目の犬となった 「あの子」。

小学生だった私と 20キロ近くもあった大きな茶色いMIX犬。
「あの子」と私の 遠い夏草の思い出。

続きを読む

by kuro_emon | 2006-04-25 23:20 | まじめな話 | Comments(4)