ショパンの調べ♪

おかげさまで風邪はだいぶ良くなりました。ご心配おかけしました。 <(_ _)>

さて、風邪をひいてもなかなかゆっくり寝ていられない母、
なんちゃって専業主婦のくせして、なぜにいつも忙しがっているかといいますと。

d0013149_21255320.jpg

ピアノなんですよ、ピ ア ノ 
自宅で少し教えているほかにも、自分がいまだ先生に付いて習っているからなのです。
(まあ忙しい理由はこれだけじゃないですけどねー)


続きを読む前に・・・ランキングに参加しています。1日1クリック有効です。どうかポチッとしてやってね☆
↓ ↓ ↓ ↓







この母のピアノの先生がですねー。
母が小学生の頃から師匠と仰ぐ、齢80は超えるという かくしゃくとしたご婦人でして。

でもって、幼少の頃からこの先生に
「ピアノはね、1日弾かなかったら取り戻すのに3日はかかるのよと、
なかば脅しのように言い続けられた結果、もぅ強迫観念のように
「弾かなくちゃー弾かなくちゃー」と常にあせっているわけなんですよ。


風邪をひいてたって熱がなけりゃ弾く。出かけて疲れて帰ったって、
夕飯は手抜きしてでも弾く。(あ、これはいつも手抜きでしたー)

まあ実際弾けない日も多いわけでして、いつも取り戻すためだけに
弾いてるようなものなんですわ。^^; (だから進歩しないんだよなー)


d0013149_21395599.jpg

さて、今では母娘二代にわたってこの先生に師事しているわけですが、
芸術家らしからぬ、さっぱりとした男勝りのこの先生が、母は大好き。
でもかなりの毒舌家でもあるんですよねー。

この先生の手・・・いや、口にかかると、今をときめくあんな指揮者やこんなピアニストも
スゴイことになってしまうので、恐ろしくてここでは書けません。^^;

そんな先生のステキ語録の中から、今日は害のないのをひとつだけ☆




・・・「ショパンは演歌なのよ、演歌!」



d0013149_221716100.jpg

ショパン・・・あのショパンですよ?
ピアノといえばショパン、ショパンといえばピアノ、つーくらいピアノ弾きにとっては
永遠の憧れのショパンがですよ? よりによって、演歌だなんてっ。

・・・いや、実はこれ、母の弾くショパンがあまりにもダメダメなので、
呆れた先生が “ショパンとはこう弾くべき” というのを
例えて言ってくださった言葉なんです。



ショパン・・・昔はね、母もあのセンチメンタルな世界がどうも苦手だったんですけどねー。
歳を重ねるごとに「やっぱりショパンはス・テ・キ♪」と思うようになりまして。
いろいろ弾かせてはもらうんですけど、やっぱり弾くのは苦手なんですの。^^;


そんな母に先生は、
ショパンは演歌のように自己陶酔して切々と歌い上げなくては!
と言いたかったわけなんですねー☆


d0013149_22314077.jpg

でもね、言うは易しなんですよ。どうも、その、あの・・・・・
陶酔して、ってのが母は恥ずかしくてできないんです。照れ屋なんですわ。(。-_-。)ポッ


一番最近では「木枯し」を弾かせてもらったんですが、
チャレンジ始めたのがたしか去年の秋。で、冬が来て文字通り木枯しの季節になり、
それが過ぎても一向にOKはもらえず、春が来て夏が来て、でも「木枯し」。

ついには言われちゃいました。

「あなたねー。まだ若いわよ、若い!もう少し歳をとらないとダメね!」って。


80を超えた先生にとっては、40過ぎのオバサンもまだまだヒヨッコってわけですよ。
うーん、それもまた役得でステキ。


d0013149_22515419.jpg

そんなわけで、いつかステキなショパンが弾けるようになる日を夢見て
今日もあくせく下手な練習に励む母なのでした。
でもまあ、ショパンをステキに弾けるようになるなら、
歳をとるのも悪くはないなーなんて思う今日この頃だったり。


えー。ちなみに、わんこたちはピアノの音が嫌いじゃありませんよ。
母が練習を始めるとたいていピアノ室に入ってきて、足元で寝ています。
バッハならまだしも、ベートーヴェンの大音響でも寝ていられるって・・・それってどーよ。

d0013149_23161874.jpg

とまあ、今日はわんこに関係のない話でスミマセンでした。
でもこの飽きっぽい母が唯一続いているのがピアノってことで。
世間では「のだめカンタービレ」も話題になってることだし、たまには勘弁くださいましー。


あ、それとこんなこと書いてるといかにもクラシック通みたいに思われても困るんですが、
どっちかっていうと疎いほうですから。 なので質問はしないでね(笑)。


ショパンが好きなあなたも、塩パンが好きなあなたも、クリック!
↓ ↓ ↓ ↓

   

by kuro_emon | 2006-11-10 23:21 | 日常 | Comments(8)

Commented by ロイスシッター志願者 at 2006-11-11 00:23 x
くろ母さま、告白しちゃいます。
わたくし、この歳にして(いくつ?)2年前からピアノを始めて、先日も教室の発表会に出ちゃったりしたのです・・・。普段人前に出ても緊張することないんだけど、あの、発表会、というより人前で弾くっていうあの緊張の極限、何を弾いているかわけわからずに終わっちゃいました。それも外したり、つっかえたり、あ~、もうちょっと、ほんのちょっとだけマシに弾けたのになー・・・、って思いが残るばかり・・・ (T_T)
手が、指がふわふわして、あぁ~ん・・・ (>_<)

弾いてみたいのだけ教えていただいているので基礎の基もわからずに弾いて(というより鍵盤叩いてるだけ?)、それでも、毎日弾かないと取り戻すのに時間がかかるというのは実感してます・・・ (^^;

人前で弾ける、聴かせる一曲を持ちたいな~、が当面の目標かな。
Commented by くろ母 at 2006-11-11 08:33 x
>ロイスシッター志願者さん
おおっ。シッターさんもピアノ仲間でしたか~~♪ヽ(´▽`)/
今、大人のピアノが流行ってますよね☆ 初めて習う人、子どものときに止めてしまったけれどやっぱりまたチャレンジする人。。。
うちのばーちゃんも、「生きているうちに楽器がひとつくらいできるようになりたい」って言って、70過ぎて始めてましたよ~。(今は事情があってヤメましたけど)
発表会、何をお弾きになったんですかー? 人前で弾くっていうの、たしかに緊張しますけど、すごくいい勉強になるんだそうですよん♪ 母は心臓に毛が生えているので、本番のほうがいつもより上手く弾けちゃうタイプです(笑

お仕事していらっしゃると、毎日弾くのも大変でしょう?でも「継続は力なり」でがんばってくださいねー♪ いつかお披露目してくださいねん♪
Commented by みき at 2006-11-11 11:47 x
くろ母さん、先生もやっていらっしゃるんですね~。
知らなかったので、ビックリしましたよ。
私もショパンが一番好きなんですよね~。
やっぱり憧れですよね。ピアノといえばショパンですものね。
実は私、ショパンに手は出すものの全部中途半端。
高校3年の夏に出た発表会で引いたのが〝ノクターン〟だったんですけど、
卒業と同時に止めてから、ピアノにも触らずいたので、
もうすでに弾けず・・・(~_~;)
取り戻すのにもかなりの時間を要しております(爆
Commented by かず at 2006-11-11 22:35 x
くろ母さん ピアノの先生だったのですね!
かっこいい☆ 私は小学生までピアノを習っていて楽しかったのですが中学になり、忙しいのを理由に辞めてしまいました。今でもたま〜にピアノ触るのですがとても弾けてるとは言えません(>_<)
1日弾かないと取り戻すのに3日かかる・・痛感です(T-T) やっておけばよかった。。。
Commented by くろ母 at 2006-11-12 00:44 x
>みきさん
以前、「近々ピアノの話題を・・・」なんて、みきさんに言っておきながら、
UPがこんなに遅くなってしまいました~~。^^;
いえいえ、先生だなんて公言するのもおこがましい、
数人にお友達価格で教えているだけなんですぅ。あ、もちろん師匠には内緒です!

みきさんもショパンがお好きなんですね~♪
ノクターンなんて、ホントに綺麗ですもんね!^^
私、実は1番好きなのはバッハなんです。いや、でも
ベートーヴェンはやっぱり偉大だし、モーツァルトも綺麗だし。。。
若いとき、もっと指が動くときに、この良さがわかっていたらなーと悔やまれます。^^;
みきさんはご自分でまたこつこつ練習していらっしゃるから、偉いですよ!
がんばって、ぜひまた弾けるようになってくださいねー♪
Commented by くろ母 at 2006-11-12 00:45 x
>かずさん
ええっと、(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ ↑にも書きましたけど、
だから先生なんて言うほどのモノじゃないんです~~
かずさんも子どもの頃は習っていらしたんですねー♪
中学や高校で、受験や部活の忙しさからやめてしまう方、多いですよね。
私もさすがに子育ての時期はブランクがありましたよー。
取り戻すのに、数年はかかりました。。。(T-T)
かずさんのお宅は、まだピアノがあるんですか?だったら、ぜひまた挑戦を!^^
Commented by ロイスシッター志願者 at 2006-11-12 02:22 x
うらやましぃ~、本番に強いなんてうらやましい!
決して人前でオロオロするタイプではないんですが、ピアノは違うみたいです・・・ (^^;
くろ母さまの心臓の毛わけてください~。

今年は「星に願いを」を弾きました。ジャズっぽいアレンジなのにそうならないところが悲しい (T_T)
発表会のステージのピアノはキレイな音が出るピアノなのにそれを活かせないって悔しい・・・。
右手、左手、足でペダルも使って、譜面も見てたら、普段使わない部分が刺激されます。でもその刺激はきちんと伝わらず、指令通りに指って動かない・・・。あー、なぜに動かない???

3ワン1ニャンに逃げられないピアノの音を奏でられるようにがんばろーっと v(^^)v
くろわんこピアノ教室発表会はないのですか!?
Commented by くろ母 at 2006-11-13 10:01 x
>ロイスシッター志願者さん
「星に願いを」ですかー♪
それ、はるか昔の結婚式の披露宴で、旦那と初めて連弾した曲なんですよ~(恥)
もち、旦那はピアノ弾けません。特訓させました。(笑)
ジャズっぽいのもいい感じかも~~♪
心臓の毛はいつでも分けて差し上げますので、いつか披露してくださいまし~~♪

ピアノってそういえば、老化の予防にもいいっていいますよね☆
指先とかいろんなところを使って脳を刺激するから。。。
うちの先生は発表会的なことがキライで、会場を借りての発表会ってないんですよぉ。
でも年に一度、先生のご自宅に集まって「勉強会」と称する発表会をしてます。
それだけでもけっこう緊張しますけどね、いざ弾き始めると
火事場の馬鹿力みたいのが出ちゃうんですよ、このオバサンは。^^;
「くろわんこピアノ教室」は、とんでもないっ!発表会なんてできる人数ではないでぅ。^^;
名前
URL
削除用パスワード

<< 自我の芽生え? すいません。。。 >>