妖怪・脱○小僧

それは暑い夏の夕暮れのことでございました。

d0013149_22424090.jpg

高校生になって初めての夏休みを迎えたS君は、
母親に頼まれて愛犬の散歩に出かけたのです。






S君の家の愛犬は、2頭。
しかしながらそのうち1頭は犬にあるまじき散歩嫌いでしたので、その日も散歩拒否。
仕方なく、S君は1頭だけを連れて
薄暗くなり始めた寂しい住宅街を公園へ向かって急いだのでありました。


公園の入り口まで来た時、S君はこの世のものとも思えない
怖ろしい悲鳴を聞いたような気がして背筋が凍りつきました。

前方に目を凝らすと、真っ黒で毛むくじゃらの化け物がこちらに向かって
なにやら叫びながら突進してくるではありませんか。

S君と愛犬は、咄嗟に身構えました。


しかし、よくよく見るとそれはノーリードの黒い小さなトイプーだったのです。

S君は少しホッとしつつも、いきり立つ愛犬のリードを強く握り締めました。
そのときです。


今度こそ、悪魔とも思えるような巨大なノーリード犬が、
トイプーの後ろからこちらに向かって疾風のごとく走ってきたのです!



S君は慌てながらも、素早く愛犬を胸に抱きかかえました。
S君の愛犬はケンカっ早いものの、実は大変な臆病者だったからです。

すんでのところで悪魔犬から難を逃れたものの、
ふと気づくと・・・・・・・




・・・S君は自分の腹とズボンのあたりが、
なんとも言いようのないほど生暖かく嫌な感じがするのに気づきました。


こ、これは・・・血?!


S君は、恐る恐る自分の体を眺めてみました。すると・・・・・・



S君が目にしたもの、それは

胸に抱きかかえた愛犬が恐怖のあまり脱○した痕跡だったのでした。

d0013149_2392998.jpg

S君は散歩もそこそこに命からがら家に駆け戻り、
泣きながら愛犬のお尻をシャンプーしましたとさ。ああ、怖ろしや怖ろしや。。。。

ノーリードはやめてねぇ☆と思う人はクリック!
↓ ↓ ↓ ↓



by kuro_emon | 2006-08-09 23:17 | 日常 | Comments(4)

Commented by mew.7 at 2006-08-09 23:58
ご無沙汰しています。
楽しい帰省になりますように。
そ、そして、もう爆笑してしまいましたーん。
Commented by ノアママ at 2006-08-13 15:44 x
参考までに・・・
巨大な悪魔犬ってどんな?
ついでに、
おなかとズボンの生暖かさって、悪魔犬のマーキングじゃなくて?
Commented by くろ母 at 2006-08-15 22:56 x
>mew.7さん
こちらこそ、読み逃げ・ご無沙汰でスミマセンでしたぁ~。(^^;
昨夜、宮崎から帰ってまいりました。詳しい話はまた後ほど。。。
爆笑していただいて愛犬『L』も本望だと思いますぅ♪
Commented by くろ母 at 2006-08-15 22:57 x
>ノアちゃんママ
ええっと、息子の話ではたぶん黒ラブちゃんではないかと。。。
私とくろえもんも前にその公園で、トイプーと黒ラブの3頭飼いさんを見かけてるからね~
そのときもノーリードで公園の外まで飛び出してたんよ☆
いえいえ、生暖かいブツは紛れもなくうちの愛犬の脱○です。
『大』の方よ。。。( ̄ー ̄;)
名前
URL
削除用パスワード

<< お知らせ 猛暑・一段落 >>