ちょっとまじめな話。

ああ、まただ。。。

母にとっては休日の今日、朝からのんびりとネット徘徊しておりましたら、
久しぶりに立ち寄ったブログで、どんより重くなってしまうような記事を目にしてしまいました。

d0013149_2161342.jpg

ここ最近、ずっと書こうか書くまいか悩んでいたのですが、
やっぱり書かせてください。
(まじめな話ですし、長くなるので、読みたくない方はスルーしてくださいね)


今朝、読んだブログの内容というのは、こうです。






その方の会社の知人が、最近ペットショップで雄の子犬を買ったそうな。
そしてまだ日も浅いというのに、同じペットショップで今度は雌の子犬に目を留め、
『うちの子の、お嫁さんに!』と予約をしてきたそうなんです。

『子犬を産ませるんだ。近所の人が1匹はもらってくれるって言ってるんだけど。1匹、どう?』
そんなふうに、いたってお気楽な口調で話していたそうです。


まだ血統書さえ届いているかも分からない、子犬なのに。。。
そのブログの管理人さんも、この素人繁殖の行く末を案じ、憂えておられました。

d0013149_2174325.jpg

子犬の種類はわかりません。
でももしもゴールデンなどの大型犬なら、股関節形勢不全の心配がある。
ボーダーならCL病がある。プードルやパピヨンなら膝蓋骨脱臼(パテラ)がある。
ダックスなどは、カラーの掛け合わせがとても難しいとされているのに。。。


どうして、こんなふうに安易な素人繁殖が後を絶たないのでしょう・・・?


お断りしておきますが、母は『素人繁殖、絶対反対!』という立場ではありません。

繁殖や遺伝についてそれ相応のお勉強をされたり
きちんとしたブリーダーさんに指導してもらったりして、
親犬と子犬の将来に責任を持って繁殖するのなら、
それはそれでかまわないと思っています。

(犬が安産だなんて、一昔前の話。母犬にとって、出産は命がけです。また、どんなに
注意しても、障害や疾病のある子犬が産まれる可能性はゼロではありません。
その点を考慮して、生涯にわたって責任を持てるなら・・・という意味です)



でも、そんな方はごく少数でないかと思うのです。
今朝読んだブログのような、無知な素人繁殖のほうが圧倒的でないか・・・
そう思ってしまうのです。


d0013149_2195815.jpg

『うちの子の子どもが見たい!』 ・・・その気持ちはよく分かります。

何を隠そう、母もアルを溺愛するあまり、アルにお嫁さんを迎えて
産まれた子犬もすべて家で飼い、パピヨン屋敷に・・・などと妄想した時期もありましたから。
(でも結果的にアルはサイズオーバーでスタンダードを外れていましたし、
パテラを発症した今となっては、繁殖を諦めて本当に良かったと思っています)


繁殖をするなら、両親犬の血筋を最低でも3代はさかのぼり、
病気やキャリアの有無などを確認してほしい。
繁殖や遺伝、出産について必死に勉強し、万全の準備と態勢で臨んでほしい。
なによりもまず、自分の愛犬が犬質的にも性格的にも、繁殖するにふさわしいのか
客観的に見る目を持ってほしい。。。

でも、そこまでして産ませる素人が、どれだけいるのでしょう?

d0013149_2111769.jpg

始めにお話した方は、子犬が産まれたらご近所さんが1頭もらってくれるそうですが、
その方がまた繁殖をして、そのまた子犬がまた繁殖をして。。。
そして、もしも先天的障害や疾患のある子犬が続々と産まれてしまったら。。。
そう考えると、ぞっとします。

ああ、すみません。
このブログを読んでくださっている方たちの中にはそんな人はいないと思っていますし、
ここで力説したところで何にもならないのは分かっているのですが。。。


先月からは動物愛護法が改正され、年2回あるいは2頭以上の動物を
有償譲渡する者は(たとえご近所さんに格安で譲ったとしても)
「動物取り扱い業」の登録が必要となったそうです。

でも、そもそも無知で安易な繁殖をする人が、この法改正を知っているのかしら・・・?

d0013149_21113468.jpg


これ以上、障害や疾患のある不幸な子犬が増えないでほしい。
この世に生まれてきたからには、すべての犬に幸せになってほしい。



せめて・・・もし自分の周りに気楽に繁殖を考えている人がいたら、
「ちょっと待って。もう一度、よく考えて」
そう言える勇気を持ちたい、と・・・願わずにはいられなかったのでした。
(それすら、とても難しいことですけどね)



長々と読んでくださって、ありがとうございました。
自分だって繁殖に関しては一素人のくせに、偉そうにぐだぐだと書いてすみません。
でももしもこんな意見でも賛同してくださるなら、ポチッとしてもらえるととても心強いです。
↓ ↓ ↓ ↓



by kuro_emon | 2006-07-12 21:29 | まじめな話 | Comments(6)

Commented at 2006-07-13 03:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-07-13 08:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-07-13 08:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by くろ母 at 2006-07-13 11:41 x
>鍵コメ1さん
そう!そのとおりだと思います!
母が書き足りなかったことを、すべて書いてくれてありがとう。
まったく同じ考えだと知って、すごく嬉しいです。
ああ、やっぱり○○さんだわ~~♪(*^^*)
Commented by くろ母 at 2006-07-13 11:42 x
>かえるの手さん
先日は本当に失礼しました。改めてお詫びします。
お友達のこと、いろいろと大変でしたね。。。
生まれてくる子犬だけでなく、産む側の母犬のことも考えてほしい・・・
その意見には、まったく同感です。

こんなまじめな日記はそうないと思いますので、
今度はぜひお気楽コメント残してくださいね~♪
Commented by くろ母 at 2006-07-13 11:42 x
>鍵コメ3さん
本当ですよね。素人だけでなく、ブリーダーさんにも
考え直してほしい方、たくさんいますよね。
デリケートな話題なのにコメント残してくださって、ありがとうございます!
名前
URL
削除用パスワード

<< 追記 サマータイム? >>