思い出話・最終回


昼から雨の予報だったから、早めに散歩に行こうとして。。。
リードも付けて、いざ!・・・というところで、うひゃあ、雨だっ!

期待に満ち満ちたわんこたちを誤魔化すために、骨をあげたよ☆^^;
(3分経てば忘れてくれる幸せなやつらです)

d0013149_22374094.jpg

さあ、思い出話もいよいよ最終回!(たぶん、そのはず)
『3代目・ロッキー編』でございます。






ケンが急死して、泣きに泣きました。
中2(今のくろえもんと同じ歳だわ☆)という多感な時期でしたしねー。
空っぽの犬小屋を見るのが辛くて悲しくて、
数ヶ月と経たないうちに、またわんこを迎えることになったのでした。


行った先は、『カインドネス・クラブ』。

これ、今の『日本動物福祉協会』の前身となるボランティア団体です。
捨て犬・捨て猫を保護して世話をし、里親を見つけるの。
私が小学生の頃、その捨て犬たちのお散歩ボランティアとして、
ここの茅ヶ崎支部に所属していたのです。

d0013149_22435692.jpg

さて、両親と弟・私で出かけて行ったのですが、
弟と私はすぐに「この子がいい!」と、1頭の犬に目を留めました。
だって、ケンにそっくりだったんですもの。

その子がロッキー。まだ1歳にもならない幼犬でした。


早速連れ帰ったロッキーなんですが、この子が、その、なんと言いましょうか。。。







どこか、貧相。(;゚Д゚)




これが写真です。↓

d0013149_22455054.jpg


・・・あれ?なんかハンサムに写っておりますが、
ケンに比べるとどうもひょろりとして、貧弱な子なのです。(・_・;)

そもそもケンは、がっしりとした体躯、きりりと巻いた太い尾、
眼光は鋭く、MIXながらも散歩していると通りすがりのオジサンやオバチャンから
「いい犬だねぇ」と声をかけられるような頼もしい子でしたからねー。
(実は、ちょいビビリーでしたけどね)


でも、このロッキー。
後から聞いたところによりますと、けっこう哀れな境遇でして。

とある家庭で飼われていたんですが、絶えずキャンキャン・ワンワン無駄吠えが酷くって。
で、その家の母親がノイローゼ気味になり、ついにヒステリー起こして
「こんな犬は保健所に連れて行く!」と犬小屋に火をつけたんだそうな。(;゚Д゚)

それで、その家の幼い兄弟が泣きながらロッキーを連れて、
カインドネス・クラブに保護を求めてきたんだそうです。ああ、涙の物語。・゚・(ノД`;)・゚・



たしかにね、無駄吠え、酷かったです。でもうちにはスパルタ父がいましたからねー。
「キャンキャン!」→ガラッ!(ガラス戸を開ける音)・・・「くぉらぁ!!」で、
そのうち治まってしまいました。┐( ̄ー ̄;)┌

d0013149_22444527.jpg

そんなロッキー。
別にこれといったエピソードがあるわけでもないんですけど、
どうもね、笑える犬というか、いじめられっ子タイプというか。
家ではしょっちゅう『バカ犬』と呼ばれておりました☆(^^;


いや、エピソードならケンの方がたくさんあるんですよぉ。
空き地の鉄条網を飛び越えようとしてタ○タ○切って流血・縫合騒ぎとか、
引越しの移動で生まれて初めて車に乗り、シートに脱糞(以下省略)などなど。。。

でもケンは(多分に私の中で美化された部分があるかもしれないけど)
お笑い犬のキャラではなかったなぁ。
それに比べるとロッキーは、派手なエピソードこそ無いものの
うーん、どことなくキャラはロイスに近いような感じの子でした☆( ̄ー ̄;)ゞ


・・・あ!でも、ロッキーにもひとつだけ心に残るエピソードがあった!

d0013149_22463678.jpg

それは、私の夕焼け色したミトンの手袋。
お気に入りだったんですが、ロッキーの散歩の途中落としてしまったらしく、
どこを探しても見つからなくて。

でも数日後、母が散歩に連れて行ったとき、
ロッキーが草むらにクンクン鼻を突っ込んで、動かなくなってしまったんだそう。
母が覗き込んでみると、そこには例の手袋が!(うひゃー忠犬物語みたい)



そんなバカ犬・・・いえ、忠犬ロッキー、我が家で一生幸せに・・・
というわけでもなく、気難しい父との確執があったりもしたんですが、
まあ、そこそこには幸せに生きたんじゃないかと。

17年も長生きし、晩年は痴呆で夜中も鳴き続けたりしながら、
最後は老衰で静かに息を引き取りました。




d0013149_22514889.jpg



・・・過去のあの子たちがいるからこそ、今のこの子たちがいる。
そして(たぶん)未来のあの子たちも。
そうやって、きっとこれからも犬を飼い続けていくんだろーなー。


今の私が不安なことといえば、この子たちとの別れではなく、
いつか自分が年老いて、体力的にも犬が飼えなくなる日が来てしまうこと。

あ、でも犬バカの親孝行なくろえもんが
「大丈夫!お母さんが死んでも、犬たちは私が引き取ってあげるから!」
と言ってくれてるので、お言葉に甘えて飼い続けちゃいまーす♪( ̄∀ ̄;)



・・・以上、長々と思い出話にお付き合いくださいまして、
ホントにありがとうございました。m(_ _)m


d0013149_22522463.jpg

昨日の散歩途中、はなみずき公園にて。
綺麗な名前の公園ですが、ハナミズキがたった1本植わっているだけの小さな公園です。


******************************************

あ、それと今までちょっと興味があった『web拍手』というのを設置してみました。

「今日も日記、読んであげたよ~。まあ、面白かったんじゃない?
でもコメント書くのは面倒くさいしなー」という時に、手軽にできるワンクリック!

ちなみに、誰が押してくれたかまでは解析できないので、ご心配なく、
ささ、ずいっと。いえ、ポチッと。よろしくお願いします!

↓↓↓

web拍手を送る

by kuro_emon | 2006-04-29 23:48 | 日常 | Comments(10)

Commented by mew.7 at 2006-04-30 00:22
うわ~、なんですか、これは!
すぐにポチっとしちゃいましたが、果たして上手く出来たかしら?

うーん、歴代ワンコ達のお話に、そしてこれからもワンコと一緒にってお話に(ノ_;)
骨を食されているときのアルくんはいつものお顔じゃない~。(笑)
Commented by ひろぼう at 2006-04-30 00:46 x
ケンくん&ロッキーくんのお話をUPしてくれてありがとうです♪
ええ話や~~~(T-T*)

くろえもんちゃんの頼もしい一言が羨ましいな~。
ウチの場合はハイテンションなガクを制御できるのは
いまのところ私しかおらんようです・・・・。
ガクがいるうちは私も元気でおらんと(汗)
母さん!お互いに頑張りましょうねえええっ!目指せ!元気な中年世代?(爆)
Commented by Zenchan at 2006-04-30 02:33 x
思い出のワンコ達の話を聞かせてくれて有難う♪
何頭も飼てるとワンコそれぞれの個性が思い出されて懐かしく思いますね。

ロッキー君は、いじめられっこタイプだと書いて有りましたが
家には、姉御タイプのワンコが居て自分より大きなワンコを引き連れて歩いていましたよ(汗)

きっと私もコレからもワンコを飼い続けると思います♪
ただ心配なのがくろ母さんと同じくワンコが飼えなくなる事!

誰かちゃんとくろえもんさんの様に引き継いでくれる人が居ると良いんだけどな~"o(-_-;*) ウゥム…
Commented by くろ母 at 2006-04-30 21:37 x
>mew.7さん
(たぶん)第1号のぽちっと拍手、ありがとうございます!(≧▽≦)
お礼画面が現れましたよね?なら大丈夫だと思いまーす♪
ホントはちゃんとしたボタンを設置できるはずなんですが、エキサイトって
タグの制約なんかがあって、できなかった。。。(TωT)

アル、こんな時ばかりは野生児の顔でしょー?^^;
長い思い出話にお付き合いくださって、ホントにありがとうございました!
mew.7さんちにいつかやって来る未来わんこも楽しみにしてますね~~♪
Commented by くろ母 at 2006-04-30 21:38 x
>ひろぼうさん
ぽちっとコメントもありがとう~~♪(ひろぼうさんだって、すぐ分かったよん♪)

ガックン、ひろぼうさん以外は制御不能なほどハイパーパピなのねぇ☆(^^;
ほんとほんと、「この子たちがいるうちは、しゃんとしてないと・・・」って思うよね~。
あ、でもひろぼうさんはまだこれから中年世代だけど、私なんて
もうあっという間に「老年世代」が来ちゃうわぁ(爆爆)
でもお互い手を取り合って(?)、可愛い我が子のために頑張ろうねえええっ!
Commented by くろ母 at 2006-04-30 21:39 x
>Zenchan
いえいえ、こちらこそ読んでくださってホントにありがとうです♪
Zenchanちには、過去に姐御肌のわんこが?かっちょええ~~♪(*゚▽゚*)
そうなんですよね~。
ホントに辛いのは、別れよりももう出会いがなくなってしまうこと。。。
Zenchanも私と同じ気持ちで嬉しいわん♪
えへへ♪( ̄▽ ̄*)なんなら、Zenchanちのわんこも
くろえもんに引き取らせましょうか?(爆)
Commented by weg211 at 2006-04-30 22:51
わんこ3代記読ませていただきましたよ~!
動物好きって、どうしても遺伝するようで、くろ母さんもご両親からしっかり受け継いでいるようですね(^^。
ワタシもzenchanと同じようにワンコ飼えなくなるのは辛いなぁ。
ちいさいときから、我が家もワンコと共にありましたからね(^^。
くろえもんさんがしっかり後を継いでくれるというし、くろ母さんのわんこ道、これからも謳歌してくださいませ~♪
もちろん、ワタシもわんこ道これからも楽しみまっせ(笑)
Commented by エルマ at 2006-04-30 23:20 x
ワンコ飼い にゃんこ飼い 止められませんよね~(^^

このワンコ3代記書き込みながら きっとくろ母さん どっぷりとそれぞれの先代ワンコ達の思い出が走馬灯のようによみがえり・・・どっぷりと その中におぼれながら 書き込んでらしたのでしょう(^^* その様子 想像できますから~(^^

 ポチッとコメント私もしたよ~(^^
だって あのお礼画面が嬉しくってさ(爆)
Commented by くろ母 at 2006-05-01 00:20 x
>ベイママさん
長々と読んでくださって、ありがとうございました~♪(^^*
我ら皆動物好きのお仲間、思いは同じ!ですね♪
ベイママさんこそ、歴代のわんこたちへの熱い思い出はたっくさんおありなのでは?
いつか機会があったら、ぜひお聞かせくださいまし~~♪
皆さん、きっとわんこ道について語らせたら、夜が更けるのも忘れるくらいでしょうねー☆
お互い、末永くわんこライフを楽しみましょうね!
・・・あ、でもくろえもんの調子のいい宣言は、
どこまで信用して良いのやら・・・ちょびっと不安だなぁ・・・( ̄▽ ̄;)ゞ
Commented by くろ母 at 2006-05-01 00:22 x
>エルマさん
ふふふ♪おっしゃるとおり、○十年前の思い出にどっぷり浸りきっておりましたぁ~♪
ワンニャン飼いの醍醐味を知り尽くした私たち、止められませんよね、これだけは!

ぽちっとコメント、ありがとうございましたー!
あ、エルマさんだ!って、すぐ分かりましたよん♪(^^*
お礼画面ね、5パターンほど用意してあって、ランダムに表示されるんですぅ。
良かったらまた試してみてくださいねっ♪(←図々しい?爆)
名前
URL
削除用パスワード

<< どうなる?兄妹のキズナ☆ 思い出話・続きの続き >>