思い出の続き


え~~~、昨日は「あれ?」なドン引き日記でスミマセンでした。^^;

でもこの際だから、ついでに過去のわんこたちの思い出話などをば。
なかなかお話する機会もないですもんねー。
(え?聞きたくない?まあまあまあまあ、そう言わずに。もう『泣き』はないですから~)

d0013149_949799.jpg

初代のわんこは・・・そういえば私が生まれたときには、もう家にいたようです。
『ようです』っていうのは、もちろん記憶にはないから。
生まれたばかりの赤ん坊でしたからねー。






写真がないのが残念ですが、今は亡き父が知人宅で産まれたのをもらってきた、
血統書付きのスタンダード・ダックス。♀・スムース・黒。
コールーネーム・ベッシー

当時は右を向いても左を向いても、スピッツ!スピッツ!スピッツ!!の、
スピッツ全盛期でしたからね~、スタンダックスは、かなり先端を行ってたと思います。
(すごいよ、パパ!ハイカラだったね、パパ!)

d0013149_10281552.jpg

さて、そんなベッシーの記憶は3歳近くになって現れます。
といっても、2歳児ですからね。
可愛かったとか、仲良く遊んだとか、そんな記憶じゃなく、ただなんだか知らないけど
いつも一緒にいる存在。居て当たり前の存在。(室内犬だったし、なおさらですね)

でも一緒にお散歩に行ったことなんかはよく覚えているし、
今にして思えば、私の動物好きはこんなところから知らず知らずのうちに
インプットされてたのかもしれないなーと納得したりする今日この頃。
怖いですねー。幼児期の刷り込み。


けれども、ベッシーとの短い思い出はすぐに終わりを告げるのです。


d0013149_1040229.jpg


というのもですね、非難を覚悟で告白いたしますが、このベッシーだけは
最期まで面倒を見てあげられなかった犬・・・いえ、生き物なのです。

いろいろ事情はあるのですが、主な理由は、私の3歳年下の弟を母が懐妊したこと。
ひどい悪阻に悩まされ、散歩もままならなくなってしまったので、
泣く泣く元の飼い主さん宅に戻すことになったというわけなのです。


この、ベッシーを里親さんが引き取りに来たときのことは、子ども心にも覚えております。
ライトバンに乗り込むベッシー。遠くなる車をいつまでも見送った母と私たち。

悲しいというより、今まで居て当たり前だった『家族』がいなくなってしまうというのは
かなりショックな出来事だったんでしょうな。2歳児にとっても。

母は母で、私なんかよりずーっと情愛深く、責任感も強い人ですから、
「ごめんね。もう、おまえ以外の犬は一生飼わないからね」
と涙ながらにベッシーに謝って送り出したんだそうです。

でも理由はなんであれ、途中で飼育放棄するのはやっぱりイケナイですものね。
その点は、母に代わって子どもの私がしかと心に刻んで反省しております。はい。



d0013149_11215248.jpg


ちなみにベッシーは元の里親さん宅で子どもをたくさん産み、
幸せに天寿を全うしたそうです。


で、その後は『犬なし・小動物たっくさんあり』の時代を経て、
「犬が飼いたい飼いたい飼いたい飼いたい飼いたい!」という
子どもたちのうるさい強い要望に母もついに根負けし、
ちょうど迷い込んできて近所に居ついてしまった「ケン」を
我が家の2代目ワンとして迎えたというわけなのでした。


このケンを迎えるときのいきさつも、ちょっといろいろあるのですが、
長くなってしまうので、つーづーくー。




d0013149_11132164.jpg
                 2代目・ケン。(スキャナー使えたぜ。イェーイ!^^v)

by kuro_emon | 2006-04-26 23:45 | 日常 | Comments(4)

Commented by きっちょむ at 2006-04-27 21:48 x
いやいや、昨日はやっぱいろいろあるんだなーと
しみじみ感じながら読んでましたよ。
(あ、読み逃げがばれてしまった)
我が家も犬を飼いたいのですけど、みんな働いてて世話が
してやれないのでがまんしてます。ちゃんとお世話できないと
犬かわいそうかなと思って。
でもいずれ・・・!マメ柴、まめしば!
Commented by mew.7 at 2006-04-27 22:34
くろ母さん ☆
動物を飼うということは、どうしても人間より寿命が短いし避けられないことなんですよね。。。
以前飼っていたネコが老衰で弱っていったとき、家族の一人が出張中から戻った途端行ってしまいました。
待っていたんだろうなーと当時のことを思い出しました。
Commented by くろ母 at 2006-04-28 08:53 x
>きっちょむちゃん
いえいえ~~読み逃げ大歓迎ですよん♪
私こそ、お母さまのお誕生日にお祝いを言いそびれて。。。
読み逃げ常習犯ですな★^^;
そっか~きっちょむちゃんのお家は皆さん働いていらっしゃるのね!
だからあんなにチームワーク(?)がいいんだ!^^
マメ柴かぁ、可愛いものねー♪柴犬は根強い人気があるよね。
私も一時は日本犬一辺倒だった時期が。。。アルを飼って変わりましたけどねー。
きっちょむ家のマメ柴登場、楽しみにしてまっす!
Commented by くろ母 at 2006-04-28 08:53 x
>mew.7さん
うう、ネコちゃん、ご家族の帰りを待ちわびていたんですね。。。(;_:)
そういうことって、ありますよね。(うちもありました)
mew.7さんも代々たくさんのネコちゃんを飼っていらっしゃるので、
さぞいろいろな思い出がおありなんでしょうね。
別れがある以上、悲しい思い出も必ず付いて回るけれど、
それ以上に幸せな思い出もたっくさん運んでくれますものね。
だから私も懲りずに飼い続けるんだろうな~~。。。
名前
URL
削除用パスワード

<< 思い出話・続きの続き 夏草の思い出 >>