小さな恋の物語@くりはま花の国



それでは、教科書を開いてください。
くりはま花の国の続きです。

前回は、10月18日にせっかくコスモスを見に行ったのに
残念な咲き具合だった、というところまででしたね。
(ちゃんと復習してきましたかー?)


そこで移動した、展望台のある広場。


d0013149_23302332.jpg


あらミアさん、乙女チックに手を振ってますね。(-m-)

この広場で、しばし自由タイムです。
自由タイムに入って、すぐ・・・





d0013149_23303637.jpg


「ぼく、チャーリーです。ぼくは、ぼくは・・・
今日、初めての恋をしてしまいました」







d0013149_23304339.jpg


「風のように軽やかにステップを踏む、あのかたを見た途端・・・
恋という名の花火が打ちあがってしまったのです」







d0013149_23304884.jpg


「あのかたのお尻の匂いが嗅ぎたい、嗅ぎたい・・・
その一心で、ふらふらと近づいていったのですが・・・」








d0013149_23310034.jpg



「非情なる拒絶の言葉に、ぼくはすっかりうろたえてしまいました」



・・・この後の展開は、とても母の口からは言えませーん。笑

ま、こうなって、



d0013149_23310764.jpg




こうなった、ということだけお伝えしておきます。(^_^;)


d0013149_23311530.jpg


ベイままさんはもちろん、ミアさんや、この母にまで
「あーーあ、」と絞られ、しゅんとしたタオちゃん。

可愛かったな~~♪笑




タオちゃん以上に、しゅんとしたのはチャーリー君。



d0013149_23314448.jpg


・・・ファイト!

ロイスなんて、怒られても拒絶されても、好きな子には
アタックしまくりだったよ~。笑




そんな騒動の中でも、マイペースに徘徊するアルさん。



d0013149_23312509.jpg


さすが長老です。



ところが、こちらは・・・



d0013149_23313205.jpg


あらららら、どちまちたかー?フィたん。
(可愛い子には、すぐ赤ちゃん言葉になる)


この母の小股の間にまで、逃げ込んでくるので
どうしたことかと(本犬には聞けないので)ミアさんに聞いてみれば、



d0013149_23313774.jpg


まーたどこかで、
ドン!だかいうような音がしていたみたいなんですね。

この間の、里山での空砲が
すっかりトラウマになってしまったフィたんです。


かわいそう!なんてかわいそうなんでしょ!

そんな↓↓気分を盛り上げるためには・・・おやつだー!


というとで、この後おやつタイムへと突入していくのでした。

つづくー。





d0013149_23315207.jpg


母の足元にへばり付いてばかりいるからよ。

みみこさんに頂いた、ランチの写真でがまんして。笑




おまけ。

去年の今日、ロイスはどうしていたかと言うと・・・



d0013149_23315988.jpg


奇しくも同じ花の国に、おばあちゃんと
コスモスを見に行ってたのでした。




d0013149_23320405.jpg



去年のコスモスも残念な咲き具合だったけど、
今年よりはマシだったなぁ。。。






週末はどうも閑散期で・・・
イイネ!の代わりにクリックしてくださると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ



よろしかったら、ついでにこちらも…
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

いつもありがとうございます♪(´∀`)



  内緒のコメントはこちら→ 

by kuro_emon | 2017-10-21 23:59 | お出かけ | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 言葉はいらない@くりはま花の国 同類相憐れむ。 >>