ステロイド減薬



今日はぐったり。ひたすら、だるそうに寝ているロイス。



d0013149_21490715.jpg


足に力が入らないから、抱っこから床に下ろそうとしても
ごとっと音を立てて横倒しになってしまうのです。
なかなか立てないのです。

それでも朝はみんなと一緒に散歩に行きたがったのですが、
家の周りをぐるっと回っただけでロイスだけリタイア。





ロイスの肝臓が悲鳴を上げているのです。

今日の血液検査では、さらに上がり続けていたALTとALP。
・・・たぶん、高用量で使い続けているステロイドの影響です。


先生「どちらを取るか、ですね」

抗がん剤を使わない今、リンパ腫のためにはステロイドを使いたい。
でも肝臓のためには、ステロイドは減らしたい。
今日は黄疸も出始めていたし。



d0013149_21581240.jpg


母が即答できずにいたら、
先生はステロイド減薬を選んでくださいました。
先生、ありがとう。

これで少しはロイスの体が楽になってくれたらいいなあ。
肝臓をやられると、本当にしんどいんだよね。知ってるもん。


でも、今日は1度もお漏らしすることなく
(箱買いのオムツの出番なしだわ。笑)
昨夜は1度ハァハァして起きただけで、すぐ寝てくれたし。

何より、食欲だけはバッチリ。



d0013149_22055832.jpg
これは、今日のおやつの簡単パンプティング。
見栄えはよくないけど(^_^;)
お残しした蒸しパンも、これでガツガツ食べてくれました。

ヤギミルクも久しぶりにたくさん飲んでくれました。
作りたてじゃないと飲まないんだわ。ようやくわかったわ。


この食欲があるうちは、まだ大丈夫な気がします。

そのわりには、体重はじわじわと下降して
今日は久々に、また10kgを切ってしまいましたけどね。

もっともっと食べようなー、ロイス!




d0013149_22300780.jpg


日曜に家族総出で行ったお花畑の写真とともに、
今日の病院での出来事を。


我が家の順番になって先生に呼ばれて、ちょうど車を降りたとき。

20代後半とおぼしき男性が血相を変えて、
いや、すでに泣きながら、病院に飛び込んできたのです。

腕の中には、ぐったりと動かない猫ちゃん。
四肢をだらりと垂らして、ぴくりともしません。

急患です。




d0013149_22362037.jpg


診察室に入ると、奥の処置室で心臓マッサージをされている
猫ちゃんが遠目に見えました。

Dr.Sは猫ちゃんにかかりっきり。時間がかかりそうなので、
我が家は再び車で待機することになりました。


車で待っていると、すぐ横にある外のベンチに、
さっきの飼い主さんの男性と、後からわらわらとやって来た
大学生くらいと中学生くらいの、よく似た姉妹が・・・

最後には、お母さんらしき人もやって来て。

みんな泣きながら、猫ちゃんの処置を待っているのです。




d0013149_22440760.jpg


姉妹ちゃんは、二人並んでベンチに座ったまま
少し下を向いて、ぽろぽろ涙を流し。

大きいお兄ちゃんは、少し離れた場所でしゃがんで
祈るように手を組み合わせ、頭を垂れて、やっぱり涙を流し。

最後に駆けつけたお母さんは、握り締めたタオルで
自分の膝をばんばん叩きながら、嗚咽して・・・


まるで、未来の我が家を見ているようで
胸が締め付けられました。




d0013149_22574179.jpg


どうかどうか、あの猫ちゃんが助かりますように。
奇跡が起こりますように。

そう一緒に祈らずにはいられませんでした。


ほどなくして再び我が家が呼ばれ、診察室に入ると、
ロイスの点滴をしながらDr.Sがぽつりと。

「…やっぱり、お家で穏やかに最期を迎えるのが1番ですね」


はい、と深く頷きながら、さっきの猫ちゃんは助かったんですか?
とは聞けませんでした。怖くて。



d0013149_23083513.jpg


家族を亡くすのは辛い。ほんとに辛い。

でも流した涙の量は、我が子を心から愛したことの証。


さっきの猫ちゃんは、ご家族の皆さんに心底愛されてた。

それだけは、あのわずかな時間を垣間見ただけでも
はっきりとわかりました。

ずっと、ずーっと愛されて。幸せだったんだね、猫ちゃん。



d0013149_23180999.jpg


ロイスは?幸せだった?アルは?ソフィーは?

幸せだと思ってくれてたら、いいなあ。


お母さん、怒りん坊だしさ、
あんまりいいお母さんじゃなかったかもしれないけど、

でもね。

お母さんは、キミたちと一緒でほんとに幸せだったんだ。

今、この瞬間も幸せなんだ。




d0013149_23264266.jpg


3ワン一緒の幸せな時間。


どうか、もう少し長く続きますように。。。








ロイスの体が楽になりますように~!と
クリックで応援してくださると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ



よろしかったら、ついでにこちらも…
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

いつもありがとうございます♪(´∀`)



  内緒のコメントはこちら→ 

by kuro_emon | 2017-08-09 23:59 | 病院・病気 | Comments(8)

Commented by S at 2017-08-10 00:26 x
涙が止まりません。最期後悔なく見送るのは理想ですがとても自身がないです。でもクロ母さんの、流した涙の量は愛した証、という言葉に救われた気持ちです。
先代のワンコを思い出しました。
ロイスくん、これだけの奇跡を起こしてみんなに幸せと希望を与えてこれたのだから、まだまだ笑顔が見られると信じています!せっせとランキングのクリックしてますすよ!!(笑)
Commented by バニシエママ at 2017-08-10 01:59 x
もちろんです!
くろわん家に育ち、幸せじゃないはずがありません!
こんなに愛され、美味しいものを食べ、色々な場所に行き、他のどの家にいったよりもしあわせですよ。
だから今、ロイス君は頑張っているんですよ。
今度は家族の方が悔いなく生きられるよう、ロイス君が頑張って家族孝行しているんだと思います。
くろわん家で育ち、アルさんも、ソフィーちゃんも、ロイス君も、本当に幸せだと思います。
Commented by みき at 2017-08-10 08:49 x
私は・・・
どれだけ幸せだったということも大事ですが、
どれだけ愛していたかということが大事だと、
3ワンを見送ってみて思いました。
くろ母さんちの子たちは、みんな幸せに決まってるじゃないですか。
こんなに愛されて。
猫ちゃん、助かってるといいな~。
Commented by ここまま at 2017-08-10 09:47 x
涙が止まりません。楽しかった分、幸せだった分、悲しみも大きくなりますよね。。。クロ母さんの様に強く優しくあれたらな・・・。最期を迎えた時にこの記事を読み返していそうです。ロイス君、アルさん、ソフィーちゃんみんなクロ母さんで、くろわん家で、本当に幸せだね☆どーか皆の笑顔が永く続きますように祈ってます!
Commented by kuro_emon at 2017-08-13 22:44
>Sさん
お返事遅くなりましたー!(>_<)
先代ワンコちゃんをお見送りしたことがおありなのですね。
お別れは何度経験しても、慣れるということがないですよね。
私もいくつの命を見送ってきたことか・・・
でもやっぱり、ロイスとの別れは辛いです。怖いです。
しっかりしなくちゃ!!
せっせとクリックしてくださって、ありがとうございまーす!
Commented by kuro_emon at 2017-08-13 22:45
>バニシエママさん
お返事遅くなりましたー!(>_<)
他のどの家より・・・っていうのは言いすぎかもですが(笑)
少しでも楽しい犬生だったと思ってくれてたら、いいなぁ。
ほんとに、ロイスががんばってくれて
お別れの時間をたっぷり用意してくれたこと、感謝の一言です。
嬉しいお言葉、ありがとうございます♪(*^_^*)
Commented by kuro_emon at 2017-08-13 22:45
>みきさん
お返事遅くなりましたー!(>_<)
本当ですね、3ワンをお見送りしていらした
みきさんのお言葉は重みがあります。
愛することを教えてくれたワンコに感謝ですよね。
猫ちゃん・・・どうなったんでしょうね。
私も気になります・・・
Commented by kuro_emon at 2017-08-13 22:45
>ここままさん
お返事遅くなりましたー!(>_<)
そうなんです、愛すれば愛するほど、悲しみは大きく、
別れは辛い・・・(ノ_・、)
それでも、その別れの辛さ以上の幸せを、
わんこは(にゃんこも)与えてくれるんですよね。
幸せにしてもらってるのは、こちらなんですよね。
温かい応援ありがとうございます♪(*^_^*)
あ、コメントが二重に投稿されていたので、
ひとつは削除させていただきました、すみません。
名前
URL
削除用パスワード

<< メイフィ姉妹がやって来た! 交互に悪くなる。 >>