退院しました!



昨夜は泥のように眠ったのに、朝目覚めたらまだ疲れ果てていて。

パピヨンズに朝ごはんだけ食べさせて、死んだように2度寝してしまいました。


26歳の息子がなぜか小学生に戻っていて、とんねるずの2人が
息子に昼食を作って食べさせているという、荒唐無稽な夢まで見てました。

(わたしはとんねるずのファンでもなんでもありません)




そんなことはどうでもよかった、ついに・・・!




d0013149_22521605.jpg



ロイスが退院しました。






昼過ぎに面会に行くと、元気なロイスが連れられて来て、
術後の検査も問題なしなので、「いつでも退院できますよ」と先生が。


昨日は、そんなに早く?と不安だったけれど、
今日の元気な顔を見たら、「じゃあ連れて帰ります!」と即答でした。

お持ち帰り決定です。




d0013149_23031251.jpg



そりゃそーでしょうよ。昨日、開腹手術をしたんだもの。


歩き方がひょこひょこしてるけど、過去2回の入院の時には退院後、
呆けてしまったんじゃないかと思うくらい、しばらく粗相しまくりだったのが、
今回は全く無し。

抱っこして連れて行けば、庭でちゃんとおしっこしてくれます。




お昼寝も、みんなと一緒に夫婦のベッドで。



d0013149_23131970.jpg



エリカラさえなければ、いつもとほとんど変わりない顔のロイスです。


でもさすがに動きは緩慢だし、階段の上り下りなんて、とても・・・

と思っていたら、目を離した隙に、
階段をトットッと下りて、おばあちゃんちまで行ってたー!Σ(゚∀゚;)

慌てて抱っこで連れ戻しです。



しかしまあ、ほんとに去年の手術時とは大違いの元気さ。

退院の会計時に看護師のお姉さんも、

「去年と違って、今朝も起きた時からハッキリした顔をしてましたよ」って。


このお姉さんがまた、若くて可愛くて仕事はテキパキしてるし、
うちの息子の嫁に!と思うような、感じのいい娘さんなんですわ。(*´д`*)




d0013149_23281711.jpg



だーめ。今日はまだ、液体食を5mlから始めて1~3時間ごとに10~20ml、
それのみ!なんだから。


徐々に増やしていくとはいえ、少なくとも今日と明日の2日間は
この量でいかねばならないのです。あさっての診察までは。




d0013149_23433111.jpg



・・・ここが、腸の術後の辛いところなんですよねぇ。

パピヨンズの食欲なんて比較にならないほど、食欲旺盛なコイケル。

でも、腸の傷のためには食べさせるわけにはいかない。



そんなことは知る由もないロイス、



d0013149_23550335.jpg


我々の食事時にも、いつものようにねだり続けるのです。

声は出さないまでも、口がブルブル震えるほどに。


何が辛いって、これが1番辛いのです。お互いに。

試練の時です。(TωT)



でもね、去年の術後は
「液体食以外は、ぜったいに!何もあげないでくださいね」
と、口を酸っぱくしておっしゃっていたDr.Sなのですが、今回は。


家で錠剤の薬を飲ませるのに、砕いて液体食に混ぜたのでは
たぶん嫌がるであろうロイスなので、母が困っていたら、

先生 「いつもはどうやって薬を飲ませてましたっけ?」

「缶詰の療法食に包んであげてます」

先生 「ああ、じゃあそれでもいいですよ。薬の時だけは」

となったのです。・・・なんだか今回はゆるい!∑(゜∀゜)




d0013149_00100218.jpg



去年厳しかったのは、低アルブミンによる縫合不全が怖かったので、
それが理由ではないかと。

いかに去年の手術のリスクが高かったか、今さらながら思い知らされますね。




最後に、もうひとつ。

これは朗報と言っていいのかどうか、まだわかりませんが・・・



昨日、我々が帰ったあとで、先生が切除した病巣部の針生検をしたら、


「腫瘍細胞」は、またしても出なかったのです。


先生いわく、もしかしたら(もしかしたら、ですよ)リンパ腫の再燃ではなく、
潰瘍か腺がんなのかもしれない(かもしれない、ですよ)、と。

どちらにしろ、摘出すべきものだそうですが。

(潰瘍も、腸に穴が開くほど重度のものは緊急手術の対象のようです)


腺がんで喜ぶってのも変な話ですが、腺がんとリンパ腫の再燃とでは、
怖さが違いますからね。ロイスの場合は。




とにかく、すべては病理検査の結果待ちです。

過度の期待はせず、再燃覚悟で心静かに待ちたいと思います。






退院おめでとー!とクリックしてくださると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ



よろしかったら、ついでにこちらも。。。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村

いつもありがとうございます♪(´∀`)



  コメントはこちら→ 

by kuro_emon | 2017-02-19 23:59 | 病院・病気 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 手術という選択。 手術の説明 >>