青タン唐辛子



・・・犬ネタ尽きた。





d0013149_00022526.jpg




大丈夫。そんな時のために、ストックネタを用意してあるから。

(以下、本記事には極めてどうでもいい知識が含まれています)






旦那ちゃんがベランダ菜園で植えっぱなし・・丹精こめて育てた、
「伏見甘長とうがらし」



d0013149_00042830.jpg



全部、色が違いますね。





こちらは、適正価格・・・違う、適正時期に収穫したやつ。


d0013149_00043710.jpg


ピーマンのような食感と味。辛くないのよ!





しかし、これをうっかり採り忘れて放置すると・・・


内出血のような青タン唐辛子になってしまいます。



d0013149_00045177.jpg


ひー。痛そう!




でもご安心を。さらに放置すると、




d0013149_00050099.jpg



綺麗な真っ赤になるのです。


そして真っ赤になったやつは、パプリカのように甘みが増して
市場では高値で取り引きされるんだそーですよ!

(今、思わず皮算用してみた)




d0013149_00051188.jpg




うーーーん・・・辛くはないんだけどねぇ。

一応唐辛子だから、どうなんだろか?





d0013149_00052169.jpg



まあまあ、そう言わんと。


犬ブログ的には、ここで唐辛子と犬とのツーショットが欲しいわけよ。


 たとえば、そうねぇ・・・鼻の穴に唐辛子を突っ込まれた犬、みたいな。



(ΦωΦ)ふふふ・・・・えいっ!




d0013149_00053095.jpg




・・・あ、ちょっとずれちゃった。





んでは、今度は左の鼻の穴!えいっ!




d0013149_00053954.jpg



(実際には突っ込んでないのでクレームは受け付けませんよ!)




ということで、品種的には辛くない唐辛子が
放置されてさらに甘みを増した場合、犬は食べてもいいのかどうか?

ご存知のかたは教えてくださーい!

(手作り食の素材として、火を通して使うつもりですよ~)





d0013149_00054877.jpg




・・・はーい。


もちろん今晩の人間用おかずとして、砂糖と醤油と酒で甘辛く炒め煮して、
美味しくいただきましたから!d(^-^)ネ!





ためになった人も、ならなかった人も、ポチッとね!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 犬ブログ コーイケルホンディエへ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
いつも応援ありがとうございます♪(´∀`)



  コメントはこちら→ 

by kuro_emon | 2016-09-10 23:59 | 日常 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 術後6カ月です。 まだまだ終わらない! >>