怖かったステロイド



さっき、何気なく去年8月の記事を読み返していたら、
まるで自分ちの犬が主人公の壮絶な闘病記(まんまじゃん)を読んでいるようで、
涙が溢れて止まりませんでしたね。(うそ)


大変だったんだね、あの時の自分。いや、ロイス。



d0013149_23150821.jpg




あの時、2度もロイスを死の恐怖に陥れた、血栓症。

それが今では、すっかり忘れるほどになっているなんて・・・







そういえば昨日書き忘れましたが、あれからうんPは
真っ黒ではなくなりました。すこーし黒っぽい程度。

太さと固さは、バッチリ良好です。(^_-)v


でもやっぱり胃薬は飲んだほうが良さそうなので、続けています。

この胃薬は、長期服用でも副作用のないものだそうなので。



現在、ロイスの服用薬は、以下のラインナップです。

・プレドニゾロン(ステロイド)
・フラジール(抗菌剤) ・整腸剤 ・胃薬 


あ、あと、腎臓病のために「レンジアレン」(リン吸着剤)も飲んでるけど、
これは一応サプリの分類ですね。



d0013149_23354784.jpg



そう、先生が

「ロイスちゃんの場合は、できるだけシンプルがいいと思います」

とおっしゃって、これでもだいぶ減って、これだけの種類になったのですよ。



このうち、フラジールと整腸剤と胃薬は、IBD治療のために。

そして、プレドニゾロン(ステロイド)は抗がん剤と併用した時の名残りで。



でも・・・・覚えておいででしょうか。

ステロイドは、副作用として血栓症を起こす恐れがあることを。




d0013149_23445841.jpg
 




そうなのよ。

去年、IBDの治療を開始した時、普通はステロイドを使うところを、
ロイスは血栓症を起こしやすいということで、免疫抑制剤にしたのでした。


でも、今年3月にリンパ腫の手術をして、それ以来
免疫抑制剤は中止。


抗がん剤と併用してステロイドを使うことになった時も
ちょっぴり抵抗のあった母でしたが、意外にも。




「ステロイドとの相性がいいみたいですね」 by Dr.S


・・・と言われたとおり、血栓症を起こすどころか
IBDは良くなって下痢は治まり、低アルブミンも改善し、
リンパ腫は寛解になり、と、今のところ良いこと尽くめなのですよ。




d0013149_23570566.jpg




あんなに恐れていた血栓症とステロイドなのにねー。


投与する抗がん剤の種類を決めるために先生と相談した時、


「どちらを優先するか、ですね。
リンパ腫と血栓症を比べたら、怖いのはリンパ腫です」


と言われて、そっかー、ならステロイド使うのも仕方ないな・・・と
半ば諦めながら使い始めたステロイドだったのに。


ほんっとに、わかんないものです。いまや、ステロイド様様、だもんね。




*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・





さて、本日のお出かけは、座間谷戸山公園でした。



d0013149_00193566.jpg




ここは、2回目の訪問です。


前回は2013年だったかな?
夏の、「座間ひまわり祭り」の帰りに寄ったんですよね。

でも、その時は暑さにメゲて写真は皆無。笑



よし、今日はバッチリ撮るぞー!と勇んで出かけたのに、
現地でカメラを取り出して、びっくり。








・・・電池が入ってない。(≡д≡) ガーン







d0013149_00272908.jpg




なので、iPhoneで数枚撮っただけです。

木陰の遊歩道が涼しくて、とても気持ちよかったですよ。






d0013149_00542363.jpg




でも今、更新していて、すごいことに気づいてしまった・・・!





・・・写真の枚数が少ないと、更新がすごく楽だということに。

そうか、この手があったか。




あ、ちなみにこれは、さっき姉にもらった
2013年に訪れた時のロイス写真。↓



d0013149_00543418.jpg



この時はまだ、コイケルの姿してますね。笑




今日のお出かけのせいか、疲れが溜まったせいか、腰を痛めてしまったので、
明日はおとなしくしてまーす。(^_^;)


花菖蒲レポ、ぼちぼち手をつけます・・・




by kuro_emon | 2016-06-03 23:59 | 病院・病気 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 保険のススメ もうすぐ3カ月 >>