シクロスポリンの副作用




今日のロイスです。



d0013149_23391817.jpg



日ごとに笑顔が生き生きしてきました。


流動食もよく食べ(舐め)ているようですが、さすがに体は
触るとゴツゴツします。痩せてきました。



でも元気にブンブンとエリカラを振り回して暴れます。


d0013149_23392822.jpg



これって何かに似てるなーと思ったら、




あれか。  そうか。





d0013149_23393500.jpg




まあね、母さんが来て嬉しいのはわかるけど、
あんまり興奮しないように・・・・・





d0013149_23394359.jpg



うぅ・・・こうして、ずっと車を見ているんですよ。

いじらしい姿にほろりとしますが、もうしばらくの辛抱だからね! 
がまんしてね。






ところで、もともと毛ぶきは良かったロイス。


なのに、歳をとるとともに次第に貧相になっていき、
特にコイケルの命ともいえる耳毛は、去年の大病後にごっそり抜け落ちてしまいました。


それが、今年に入ってからはみるみる・・・・・




d0013149_23395195.jpg




全身、もじゃもじゃ君に。 これ、コイケルじゃないし。


最初は、体が回復して毛ぶきも戻ってきたのかな?なんて
思っていたのですが、もはやそんなレベルじゃないー!



先生に、「これって免疫抑制剤(シクロスポリン)の副作用じゃないですか?」
と何度か聞いたんですが、
「ありうるかも・・・いや、違うかな」 と逃げていた(笑)先生。




手術の日、とうとう認めましたよ。笑




ネットで「シクロスポリン 副作用」で検索すると、
「多毛」も出てきたんですけど! と主張する母に、



・・・あ、なぜ手術の日にそんなこと聞く?他に聞くこと、もっとあるだろー!
と思われたかた、まあまあ、話は最後まで聞いてね。



で、先生も 「ははは。そうですね、多毛もありましたね」 と認めたんです。

そして、母が検索してすでに知っていると察したのか・・・続けてこんなふうに。





シクロスポリンの副作用に、「リンパ腫」の記載もあります。人間ですけどね。
犬の報告例もないことはないですが、結局、根拠はまだないものばかりなんです。
私も学会などに行くたびに聞いて回っているんですが、
まだはっきりとした因果関係は認められていません。
ネットは怖いことばかり、ことさら強調して書いてありますし、人間の心理なのか?
悪いことを書いてある記述ばかりが目立つところに出てくるものですが、
我々から見ると、「それは違うだろ」と思う情報も多々あります。
もっと我々が「違うよ」と書き込んだほうがいいんでしょうかね?笑



ぜひ、そうしてください!笑 と母。



薬の副作用については、絶えず念頭において注意しながら投与しています。
だから不安や疑問に思ったことなどは、ネット情報を鵜呑みにせず、
なんでも聞いてください。



・・・はい。そうします。大丈夫、先生を信頼してますから。



d0013149_00040143.jpg



・・・ません。(=_=)



ロイスの慢性疾患・IBDは、ステロイドを飲むのが普通です。

でもステロイドは血栓を作りやすくする副作用があるので、
血栓症を起こしやすいロイスには使えない。


それで、副作用が少ないと言われている免疫抑制剤を飲み続けているのですが、
どんなに副作用が少ないといっても、薬だからゼロではありません。



仕方がない、というか、こうするしかないから使っていた、免疫抑制剤。

でも今回、腫瘍が見つかったことで、つい気になってしまったのでした。。。



だからといって、免疫抑制剤を使ったことを後悔はしていません。

大学病院の先生とも、Dr.Sとも相談の上で決めたことだから。




d0013149_00084298.jpg




お医者さん、て。

人間のも動物のもそうですが、病気を治すだけじゃない、と思っています。


癌で亡くなった父の時にも、それを強く感じました。
とても優しく素晴らしい先生や看護師さんたちと出会ったことで、
積極的治療はやめ、父の望みどおり自宅で介護して看取る、という道を選びました。
先生や看護師さんにフォローしてもらいながら、
父本人も、介護した母と私も、満足して迎えた最期でした。

 

病気をどうしても治したいのなら、腕の良いお医者さんのところに行けばいい。
その選択肢だって、もちろんアリだと思う。


でも・・・・それだけでは、ちょっと違う気がするのよね。私は。



先生が話を聞いてくれるかどうか、不安を受け止めてくれるかどうか、
相談にのってくれるかどうか。



そして、もっと大切なのは、



このお医者さんなら信頼してお任せしたい、と思えるかどうか。

たとえ、残念な結果になってしまったとしても、
「この先生にお任せしたのだから悔いはない」と思えるかどうか。




それが1番大切だと(私は)思っています。



d0013149_00381279.jpg





そして、Dr.Sはそう思えるお医者さんです。少なくとも、私にとっては。


そんな先生に出会えたことを感謝して、これからも先生と一緒になって、
ロイスの病気と向き合っていきたいと思っています。




・・・あらやだ。真面目な話になっちゃった。照れますねー。(*´д`*)
だから夜中に書くのはダメなんだってば!




by kuro_emon | 2016-03-14 23:59 | 病院・病気 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< ついに・・・! 回復中です。 >>