回復中です。



今日も面会に行ってきました。

出張で出かけてしまった旦那の代わりに、今日はおばあちゃんが一緒。



d0013149_23505439.jpg



昨日よりさらに元気になっていて、じたばたはしゃぐので
無理させたらいけないと、慌てて息子が抱き上げるほどでした。

昨日はすぐ、ぐったりしていたのが、お座りしていられる時間も長くなったしね。


犬の回復力ってすごいですね!






たくさんの温かいコメント、本当にありがとうございます。


大丈夫です、私は。

楽観も悲観もしていませんが・・・・・いや、違うな。
楽観も悲観もしているけれど、楽観のほうが上回っている、という感じでしょうか。



今まで健康体のロイスが突然「悪性腫瘍です」←いやまだ確定じゃないですよ!
と告げられたのならショックも計り知れないでしょうけれど、
昨年の大病時にもう毎日泣けるだけ泣きましたし。


アルだって、過去に悪性腫瘍の肥満細胞腫を根治させましたし、
亡き父をはじめ身近には癌の人が多いし。克服した人も多いし。



d0013149_00040058.jpg



この顔を見ていたら、めそめそはしていられません。

とりあえず悪いものは取ったんだし、今は先生のおっしゃるように
術後の回復に心を注ぐことにしています。



今日も血液検査の結果は問題なしで、膵炎の兆候も見られませんが、
問題が出てくるとしたらこれから先、と先生。


心配している縫合不全は、術後5~7日が最初の山場だそうなので、
それを乗り切って退院することが今の目標です。

ひとつひとつクリアしていくしかありません。



d0013149_00135701.jpg



面会の間中、こんなふうに母の顔をずっと見ているロイス。

帰りたいよね。でももう少し我慢してねー。涙



今日は流動食を100cc、経口摂取できたとのこと。あとは点滴でカバーしています

「400ccは摂ってほしいところなんですけどね」 と先生。


入院のストレスで食べなくなる子なので、あまり食べないようだったら、
母の手作り食を届けることになるかもしれません。



明日もまた面会に行ってきます。



d0013149_00312586.jpg




怒涛のような手術の日、先生からたくさん面白い話やためになる話を
聞けたのでご紹介したいのですが、さすがに疲れがどっと出てきました。


じゃあ、ひとつだけ。(やっぱりするのか)




切除した腫瘍の実物や参考写真を見せてくださる前に、

「・・・こういう(グロい)の、大丈夫でしたっけ?」 と聞くので

「ぜんぜん大丈夫です!」 と即答したら、照れ笑いしながら先生。


「いや私、最初は・・・外科実習の時とかダメだったんですよね」 ですって。



先生ってば・・・カワイイ♪ (-m-)ウププ

だいたい女の人は血とか大丈夫ですよね。
うちの旦那は男だからダメだけど。女の旦那っているのか?昨今はいるか。


あら、ぜんぜんためにならない話ですみません。笑




留守を守るパピヨンズ写真も載せておきましょうかね。

ロイスがいないものだから、それはもう寂しがって寂しがって、




d0013149_00460323.jpg



のびのびと、くつろいでおります。


「ロイスは?」って聞いても、探しもしないんですよ。

ほんとに仲がいい兄弟ですよね!





d0013149_00491247.jpg



by kuro_emon | 2016-03-13 23:59 | 病院・病気 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< シクロスポリンの副作用 手術までのてん末 >>