また会おうね、リバ君




ロイスの同胎・リバティー君が
今日、午前11時頃にお空へと旅立っていきました



d0013149_23154880.jpg




お祈りしてくださって ありがとうございました








私は今日1日、泣きっぱなしでした。

よその子のことで、こんなに涙が出るなんて初めて、というくらい。


それはやっぱり、リバ君がロイスと一緒に生まれた、
血を分けた兄弟だからなのでしょうね。




d0013149_23165638.jpg



リバ君のこと、ご家族のことを、ちょっとお話させてください。




リバ君は、最初のオーナーさんが事情によって飼えなくなり、
里親募集に出されたのでした。


当時、そのネット里親募集サイトを見たコイケル・オーナーたちは、
「コイケルが里親募集に出されてる!」と、騒然としたものでした。



どうする?誰か里親になる?などと皆で案じているうちに、
名乗りを上げてくださったのは、そのサイトを見た奈良のKさんご一家。


犬を飼うのは初めてながら、飼うならペットショップからではなく、
里親募集に出されている子を幸せにしてあげたい、
というお心で探していらしたのだそうです。





こうして、Kさんご一家の家族の一員となったリバティー君が
ロイスと同胎だと知ったのは、またしばらく後のこと。




2008年には、浜名湖のオフ会でついに再会を果たすこともできたのでした。

その時の記事があるので、ご覧ください。→ ここ。




d0013149_23365718.jpg



こんなお顔、↑ 今のロイスとそっくりですね。


会ったのはこの時1度だけなのですが、Kさんご一家と私たちは
すぐ打ち解けました。家族構成も年代も似ていたんですよね。



Kさんご一家は、小さくておっとりとした可愛らしいママさん、
そしてそんなママさんを優しく見守る穏やかなパパさん、
この子はアイドルか?!というくらい美人で、しかも礼儀正しく社交的な娘さん。

(あとお兄ちゃんがいらっしゃるのですが、オフ会にはいらしてませんでした)

まさに、絵に描いたようにステキで幸せそうなご家族だったのです。





そんなご家族の皆さんに、大切に大切にされて愛情を注がれたリバ君。

幸せにならないはずがありません。




でも数年前、「自己免疫性溶血性貧血」という難病を発症してしまったのです。



この時、危うく命を落としかけたリバ君でしたが、
いろいろなかたのアドバイスを受け、転院をし、
そしてまたKさんご一家の手厚い看護を受けて、見事復活したのでした。



なのに・・・・・




d0013149_00030517.jpg



昨年末から体調が悪くなり、再発が判明。


鼻から口、喉までやけどのようにただれて、食事もとれなくなり・・・・・



ついに今朝、パパが帰宅するのを待っていたかのように、
11歳という早すぎる死を迎えてしまったのでした。







リバ君。早すぎるよ。



ロイスと一緒に、また会いに行きたかったのに。

元気になる、って信じてたのに。




自宅で点滴をし、スポイトで水を飲ませ、添い寝をしてまで看病に当たった
Kさんご家族の悲しみを思うと胸がつぶれます。



こんなことを私が言うのもおこがましいのですが、
リバ君がKさんご一家の子になれて良かった。



幸せに過ごさせてもらって、本当に良かった。




この笑顔を見てください。どんなにリバ君が幸せだったか、わかります。






d0013149_00214432.jpg




リバ君。 もう、痛いことも苦しいこともないね。


そっちには、リバ君のママのボイスも、おばちゃんのみやちゃんも、
お兄ちゃんのロビン君やお姉ちゃんのらんちゃんたち、
みんなたくさんいるから寂しくないね。



またいつか会おうね。



その時は、ロイスも連れて行くからね!







by kuro_emon | 2016-01-26 23:59 | まじめな話 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 里山&城ヶ島! 最後の注射・・・になるといいな... >>