耳毛と検査とフグ。



・・・耳毛なんてね、どうでもいいんですよ。

無くたって。元気でさえいてくれれば。


そう思うのも親心なら、つい欲が出てしまうのも親心ってもの。



d0013149_23403206.jpg


見てくださいな。

大病をして、ますますツルッツルの貧毛になっていたロイスの耳が・・・
ちょっとポワポワしてきたと思いません?


これ、もしかして生えてきたの?生えてきたの??(;▽:)






そんなロイス君。

昨日、金曜日は1日早い通院日となりました。
いつものアレね。血液検査です。


注射を1日1本に戻して1週間。その結果は・・・・・




d0013149_23404559.jpg


ぽわぽわ、しつこいですね。はい、わかってますけど、つい。



えっと、結果は、アルブミンと総蛋白はまたまた横ばい。

けど、血小板数は・・・
せっかく増えつつあったのに、またちょっと減ってしまいました。

先週の12.4から、10.9に減少です。(≡д≡)



これがビミョーな線なんですよ。実にビミョー。
基準値の下限ぎりぎりという、ビミョーさ。


先生も、「安心のためには、注射を2本に戻したほうがいいんですが・・・
でもいろいろ大変でしょうし・・・
」 と、ビミョーな言い方。



d0013149_00014102.jpg



きゃー。なにその、やさぐれた顔と言い方!
って、ただ眠いだけよね。寝落ち寸前の顔。笑


・・・そりゃね、我が家が金持ちだったら、
「はいはい2本にしますよ。なんなら3本でも」 って即答できますけどね。


月に数万くらいの治療費ならともかく・・・薬だのなんだの合わせると、桁が違うんですもの。

これから先、どんな治療費がかかってくるかもわからないのに、
このビミョーな状況でちょっと即答はできないんですよね、悲しいけど。



うーん、と迷う母は、違うことを思いついた。

「先生、DダイマーとATⅢの検査をしてみるっていうのはどうでしょう?」

この二つは、血栓の有無を調べるための血液検査ね。



先生もあっさり乗ってくださったので、めでたく検査をしてきました。

二つとも外部検査なので、結果は1週間後くらいです。

その結果を見て、注射の本数も判断していこう、と。そういうこと。



d0013149_00233207.jpg



う、うん・・・・そうなんだけどね。


会計を済ませて、愕然としたんです。


どうも先生が、Dダイマーなどの検査をするのに
遠慮されてるようなフシがある気がしてたんだけど・・・・・



領収書を見て、その理由がわかりました。





d0013149_00270505.jpg


ひぇーーーー。外部検査って、お高いんだぁ!



そんなわけで、我が家は今とっても貧乏です。

母のへそくりも底をついてきたし。ああ、早くボーナス入らないかなー。





・・・という通院の後は、午後からまたドライブ。

今回はお花畑ではなくて、葉山の長者ヶ崎です。



そこの波打ち際に打ち上げられていたのは、



d0013149_23405233.jpg


なんでしょう、これは。

フグには違いなさそうなんだけど、フグもいろいろ種類があるのね。

ヨリトフグっていうやつなの?
(さかな大学に行ってる息子もわからんかった)



d0013149_23405737.jpg



結構な大きさだったので、やたら興奮しているロイス。



d0013149_23410405.jpg


ワンワンうるさいんだけど、この距離以上は近づけない臆病者。笑

あのさぁ、かかって来いも何も、
このフグ君、もう絶命してるんだけど。(-m-)




d0013149_23411125.jpg


フグの周りを爪で掘って大騒ぎしてますが、
やっぱりこの距離以上は近づけません。この意気地なしめ。笑


でも、久しぶりに大笑いした気がします。誰もいなくてよかった。笑




d0013149_23411734.jpg


何をがんばったんだか、よくわからないけれど・・・・


「もう帰るよー」と言ったら、フグと母の顔とを交互に見て、

「このフグ、おうちに持って帰りたいんでしゅけど!」 と言いました。


うん、あれは絶対そう言った顔だった。もちろん却下しましたけどね。




d0013149_23412327.jpg




ま、それがロイスの面白いところ、ということで。





by kuro_emon | 2015-11-07 23:59 | 病院・病気 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 一粒の異変。 ボクはセラピードッグ(見学犬) >>