心は土砂降り、のち・・・

 

今日は書くことがありすぎて・・・・何から書いたらよいのでしょう。

とりあえず、凹んだことだけお伝えしておきます。


d0013149_19385167.jpg


朝、土砂降りの雨の中、病院に行ってきました。






今日はついに、昨日までは食べていたヨーグルトさえ、
食べなくなってしまいました。


母の心の中で、

「食べない」+「でも検査結果は良好」=オッケー。

「よく食べる」+「でも検査結果は×」=まあオッケー。


という図式は成り立つのですが、両方ペケだとどうにも凹みますね。




血液検査の結果が悪くなっていました。

せっかく上がってきていたTPもアルブミンも、また下がってしまいました。


d0013149_19495419.jpg

母の中では、また血栓?それとも胃の腫瘍?などという
悪い想像ばかりがむくむくと頭をもたげてくるのですが、
Dr.Sが念入りにエコーで調べた限りでは、血栓も腫瘍も見当たりません。

(もちろん、見えない部分にある可能性は捨て切れませんけどね)


でも、元気が無い。食べない。おまけに検査結果も悪い。


とうとう、別の治療法を試してみることになりました。



実は、先月の「新たな挑戦」の記事の中で、
意図的に書かなかったことがあります。


賢明な読者の皆さまはお気づきだったかもしれませんが、
今後の治療について先生と話し合い、
低アルブミン血症を優先的に治療するべきでないか、
という結論が出たくだりです。


じゃあ、その治療ってどうやるのさ?という点。

あえて書きませんでした。私の心の中でまだ迷いがあったので。



あの時、先生はステロイドの投与を提案されたのです。



d0013149_2073918.jpg


ロイスの低アルブミンは、IBD(腸炎)からきています。

IBDの治療には、ステロイドを使うのが一般的です。
早く確実に効果が出やすいので。


でもステロイドの副作用には、血栓ができやすい、というのがあるのです。
そして、ロイスは血栓症も抱えている・・・・・・・

だから今までは使わずに、免疫抑制剤にしたわけなんですが。



一方で、低アルブミン状態が続くと、それもまた血栓ができやすくなる。

だったら、リスクを承知の上で低用量のステロイドを使い、
一気にIBDを改善すればアルブミンも上がり、
結果的に血栓予防の注射も切れるのではないか。


そういうお考えだったわけです、先生は。
(これは大学病院の先生にも話して了承してもらったそうです)

もちろん、ステロイド投与の間は注射も併用していきますけどね。


d0013149_20285075.jpg

うん、先生は当然のことながら、バリバリ理系の人間ですからね、
説明の中ですぐ、「理論的には」とか「データ的には」とか出てくるわけですよ。笑


「理論的には注射で血栓が予防できるけれど、確かなデータはまだない」とか、

「理論的にはステロイドで血栓ができやすくなるけれど、
そのデータはまだそろっていない」
 とかね。


対するこの母は、主観と直感で生きているような文系人間ですから。笑

えー。血栓ができるかもしれないステロイドを使うのは・・・いやだなー。

そう思ってしまうわけです。血栓の怖さはもう懲り懲りだったし。



で、その時はアルブミンが上がってきていたし、
「もう少し様子を見させてください」と言って先送りさせてもらったのです。

でも、


d0013149_20405594.jpg

ロイスのせいじゃないけどね。

・・・またアルブミンが下がってしまった。

ついに母も決心せざるを得なくなった、というわけです。


ということで、今夜からステロイドを使います。
ついでに、吐き気止めも別タイプの薬に替えることになりました。





土砂降りの雨で患者さんは少なく、ロイスの検査が終わる頃には
誰もいなくなってしまったので、先生とゆっくりお話しできました。


ロイスが食べない原因について。

病気というよりグルメになってしまっているんじゃないか?と おっしゃるので、
いやいやいや、それはないです、
基本は療法食だってガツガツと喜んで食べる子ですから。
昨日はなぜか生の大根を喜んで食べてましたし。と反論する母。


「本当は無理やりでも療法食を食べさせたほうがいいんですけどね。
無理に口に入れて食べさせるのは・・・・難しいです・・・よねぇ?」


と遠慮がちにおっしゃる優しい先生に、

「はい、無理です!二人がかりじゃないとできませんし!」

と、きっぱり拒否する悪いオーナーの見本みたいな母。


先生、ごめんなさい。この場を借りてお詫びいたします。


d0013149_2185555.jpg

あ、そうそう、アルさんのことも話してきたわ!

ロイスが賢くて、母が甲斐甲斐しく食べ物を用意したりする反応を
窺っているんじゃないか、とおっしゃるので、いやいや、賢いのはアルです!
ロイスはイマイチ、とろいおばかちゃんで・・・・・って言ってきた。笑




そんなトロイス君、今日は母も疲れ果ててしまったので
食べなかったらもう別のものは出さない、としていたら
さすがに夜になって空腹になったらしく、夕飯の手作り食をガツガツ食べました。

うん、久しぶりに良い食べっぷりだったわ。


さーて、明日はソフィーの通院日、あさっては再びロイスのエコー検査の日、
やっぱり毎日病院通いだわー。(T-T*)フフフ…

by kuro_emon | 2015-09-01 21:44 | 病院・病気 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 晴れ間が見えた。 平行線 >>