腑に落ちる。



8月17日(月)

朝、かなりの軟便。
ごはんは相変わらず療法食は嫌がり、
ジャガイモ、ササミは、おやつ的に少しずつ与えるとよく食べる。
朝夕、注射。元気は昨日と同じくらい。可もなく不可もなく。



d0013149_19501514.jpg






本日は、Dr.Sがお休みの日。

なので、朝は院長・娘のS子先生が、夕方は院長先生自らが注射してくださいました。


ちなみに、うちの病院は3人の医師がローテーション勤務していまして、
常時2人が診察に当たるというシステムになっております。

それでお正月以外は、ほぼ無休。日曜・祭日も診療あり。

いったい、先生方はいつ休むのかしら?ってくらいですよ。
私らにとっては、ありがたい話ですけどね。



d0013149_19583471.jpg

そうでございましたね。

で、朝は院長先生の娘さん、S子先生が診察・注射してくださったのですが、
このS子先生、我が家の担当医であるDr.Sとは実に対照的なかたでして。


はっきりした物言いと診断、てきぱきとした指示、
でも気さくに相談に乗ってくださる30代?の女医さんなのです。


それでロイスの元気の無いことなどを話して、「体がしんどいんですかね?」
と聞きましたら、カルテとロイスを見比べながら、こんなことを言われました。


「アルブミンも総たんぱくも下がってますものね。腹水もあります。
栄養がいきわたっていない状態ですから、しんどいんだと思いますよ」
 と。





・・・ああ、そっか。




すべてがすとん、と腑に落ちた気がしました。



d0013149_20294290.jpg


何かね、今のロイスの状態が、今までとは違う感じがしてならなかったんです。



6月の2度目の入院前、そして今回再発した当初の頃、
この二つは容態が酷似していました。

元気と食欲が一気に落ち、痛そうとも苦しそうともいえる顔をして、
ぜいぜいと喘いでいる。。。

これは多分、血栓ができたためだと思うんです。



でも、今はどこか違う。



痛いというよりは、しんどい。苦しいというよりは、だるい。

それで元気が無くて、ぐったりしている。・・・そんな感じ。


この違いは何なんだろう?と考えてはみても、どうしてもわからなくて、
痛み止めを飲んだせいなのかな?血栓予防の注射が効いてるのかな?
などといろいろ理由をつけてみたんですが・・・・・


そっか、そうだよ。低アルブミン血症のせいだったんだ。
 


d0013149_20343218.jpg

そうそう、前回たしかにそう説明されたんだった。教授先生に。


「腸炎が原因で、低アルブミン血症を起こしています。
たんぱく質がうまく取り込めない状態です。それで腹水が溜まっています。
栄養失調の子どものお腹が膨らんでいるでしょう?あれと同じです」
 と。



これを聞いた時は納得したはずなのに、その後は血栓、血栓と
血栓のことばかり頭にあって、このことを忘れてた気がする。

栄養失調と同じじゃあ、しんどいはずだよね。ぐったりしちゃうよね。



となると、原因となっている大元は、IBD(炎症性腸疾患)。

これの治療のために今、免疫抑制剤を飲んでいるわけですが、
この薬がまた、効き目がゆっくりな薬でして。。。

だから、Dr.Sも 「長い目で、長い目で」 とおっしゃってたのよね。


うん、すべてが繋がった。(ような気がする)


d0013149_22281039.jpg

そうだね。セカンドオピニオンというほどではないけれど、
違う先生のお話を聞くのもたまにはいいものだね。

今日はS子先生とお話できて、良かった。


もしかしたら、ロイスも女の先生で喜んでたかも?

なにしろ、エロイスだからね。笑

by kuro_emon | 2015-08-17 22:50 | 病院・病気 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 今日の調子は・・・? めまぐるしい。 >>