退院、そして現在



6月20日(土)

朝になったらロイスが冷たくなっているのでは?
と考えると、なかなか寝付けず。

ようやくうとうとしたところで、隣に寝ていたロイスが
苦しそうに息をして起き上がってしまう。

背中やお腹をさすってやると横になって眠るが、すぐまた起き上がる。

さする。眠る。起き上がる。朝までこの繰り返し。母の睡眠時間、1時間半。


開院時間を待ちかねるようにして、病院へ点滴に。



・・・・・再入院、決定。



d0013149_1093598.jpg

いや、これ、そもそも日記だし。









再入院。・・・なんでしょうね、
ある程度予想はしていたにも関わらず、この敗北感は。


「痩せちゃいましたね。入院して鼻チューブ栄養にしましょうか」

淡々とおっしゃるDr.Sに、母は目を潤ませて、


「先生、もしもの時は、その・・・最期くらいは自宅で看取ってやりたいので・・・」

「あ、それはもちろんです。
でも、明日には食べられるようになってるかもしれませんし。笑」





・・・・・え?  「笑」?




d0013149_10213210.jpg

えええ?そーゆー問題?!(゚Д゚;)

だって、あんなに苦しそうだったんだよ?!死相が表れてたんだよ?!


・・・でも、そういえば、Dr.Sも、
「胃潰瘍かもしれませんし」って言ってたような・・・・・・・

いやいやいや、まさか、そんな、ベタな展開!




・・・とにもかくにも、そのままロイスを置いてきて。

入院中はね、うちの病院、原則・面会禁止なんです。犬が帰りたがるから。

その代わり、先生が毎日電話で様子を報告してくださいます。
希望すれば動画配信も。



案の定というか、翌日の電話では、


「鼻チューブ栄養は順調なんですが、どうもチューブとエリカラが気になって
横になれないようで・・・・ずっとケージ内で座っているんです。それで、」



はいはい、下半身が黄色く染まってしまったんですよね?
そんなの気にしてませんから。


「いや、お尻と後ろ足がずっとおしっこに浸って、ただれてしまいました。
すみません。お尻の毛を刈らせていただきました。治療しておきます」








d0013149_1049395.jpg

・・・・・どこまで笑いを取るつもりなんだ、ロイスは。




そんな感じで、しぱらくはフードも食べられなかったようですが、
少しずつ食べられるよう、眠れるようになってきて。


6月25日(木)、「退院できますが、どうします?」との電話。

えっ!今日ですか?!・・・母、しばし考えた後、

「すみません、今日は夕方から仕事で、ロイスに付いていてやれないもので。
明日退院にしてもらって、いいですか?」




そして仕事前にひとっ走り、買出しに出かけました。

買い揃えたのは、以下のもの。




★洗い替え用・防水シーツ ★犬用紙おむつ ★厚手トイレシーツ




d0013149_11135694.jpg

ほほほ。だって前科がありますもの。

あと、絨毯類も取っ払ってやったわ。これで万全!


d0013149_1118073.jpg

それにしても、初の紙おむつがよく似合うこと。

ちなみにこれは、就寝中だけ装着しました。

昼間は防水シーツでがんばって。でも何回洗濯したかわかりません。

不思議と、紙おむつにはお漏らししなかったんですよねぇ。なんでだ?σ( ̄^ ̄)?



d0013149_1142689.jpg

怒ってませんよ、粗相しても。

でも、自分で、「やべー。やっちゃったよ!」と思うみたいで。笑


特に、就寝前の時間帯がやばくて。

ステロイドの影響で多飲・多尿が続いていましたので、大量に失敗するんですわ。 

旦那が毎晩、寝る前に庭でおしっこさせてました。小さい子どもみたい。笑





話が戻りますが、これは退院直後に撮った写真。


d0013149_11292878.jpg

なんかもう、やつれまくってますよね。

たとえるならば、大病で1週間入院してた犬、みたいな。(まんまじゃん)


鼻チューブは、「どうします?」と聞かれたんですが、前にもお話したとおり、
チューブをマズルと頭に縫い付けてあるんですよね。

つまり、取るのは簡単だけど、つけるのはちょっと大変、ということで。

食べられない恐怖は嫌というほど味わったので、
しばらくつけたままにしてもらいました。

(結局、その後はチューブを使わないまま、6月30日に取りました)


d0013149_11572928.jpg

フツーに食べてますね。目が怖いけど。笑


今年に入って凄まじい下痢をしてからは先生の指示でずっと
「消化器サポート低脂肪」の療法食にしているのですが、
入院中・退院後もこれを・・・・・というか、
「これしか、だめ!トッピングもだめ!」とのお達しで・・・・・


でもね、実は、これがかなり厳しいのですよ。(T-T)

今まで美味しいおやつだの、食べなれちゃってますからね。

お湯でふやかしたフードに肝臓用のサプリ(緑色の粉)をまぶした
見るからに不味そうなフードなんて、ともすれば「ペッ」と吐き出すこともあって・・・・


なのに、これを1日数回に分けて食べさせなくちゃいけないんですよ!


うーん。

母は悩んだ。



そして発見した!



こんなものの存在を。




d0013149_12243995.jpg

救世主となったこちらAさん(仮名)は、本当の名を
「消化器サポート低脂肪ウェット缶」とおっしゃいます。


たまたま楽天で発見したので、すぐ先生に
「先生、こんなのがあるじゃないですか!」と言ったら、
「あ、すみません。ご説明してなかったですか?」だって。


なんてこったい。だって、絶対ロイスはこっちのが好きだぜ。


早速、1缶病院から買ってきて、ふやかしたフードにトッピングしてみた。

食いつきが違うーーー!!∑(゜∀゜)



すぐに、「あす楽」で箱買いしました。

そして1日5回、せっせと食べさせた結果・・・・・・




順調に体重が増加してきました。











・・・アルさんが。

d0013149_12425461.jpg


・・・多頭飼いの悲しさですね。(T-T)

山盛りの(ふやかしたから嵩がある)フードをロイスにあげて、
アルたちにはボーロ一粒ってわけにいかないじゃないですか。

だから、ほんのひとさじくらいの、母特製・手作り食をあげるんですが、
たかがひとさじ。されどひとさじ。

ふふふ。面白いように肥えますね。見事だわ。


先生まで、「あはは、アルちゃんたちはラッキーでしたね」なんて
笑っていらっしゃいましたが、笑い事じゃなーーーーい!


・・・いや、笑い事ですね。こんなことで笑っていられる今が、うそのよう。




ということで、本日撮りたてほやほやのロイス。

d0013149_13123786.jpg

体重は、9.4kgまで回復しました。

肝数値は高いままですが、ビリルビンは正常値。
黄疸もなくなってきました。


明日は大学病院にセカンドオピニオンを受けに行ってきます。

台風、大丈夫かなー。

by kuro_emon | 2015-07-16 13:23 | 病院・病気 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< さすが、大学病院! 退院、そして再度の入院 >>